カテゴリー「ポタリング」の15件の記事

高野山 淡路島 暗峠 鍋谷峠 など

2017年5月12日 (金)

2回目の鍋谷峠から蔵王峠、滝畑ダムなどなど

こちらもまたしばらくぶりだったのですが、鍋谷峠に行ってきました。
 
ロードを始めてしばらくするとやっぱり皆峠に行きたくなるのか
 
淡路島に行ったときのメンバーにお誘いを受けて行ってきました。
 
とりあえず自宅から岸和田の山手のほうのコンビニで待ち合わせ
というか直前まで自分が行くことを伝えてませんでした。
 
普段全く運動をしていないので、いつ行ってもブランク状態で行くことに
なる為、もし合流できなくても1人でのんびり行こうと思ってました(笑)
待ち合わせ場所までも25kmぐらいはあったと思いますけど
 
途中自転車の走れない高架道路とかに遭遇してしまって面倒でした。
 
Photo_3 2
 
コンビニ到着。お二人がロードのセッティングなどしていたので
合流できました。
 
私もサドルを変えてから全くのってなかったので、セッティングは全く
出来ていないという状態。フロントフォークも変えていてステムの長さから
なにから1からやり直さないとダメな状態ですね。
 
1_3
 
セッティング云々は別として格安カーボンレールのこのサドルとりあえずは
いい感じの感触です。
 
4
 
いつかも撮影した鍋谷峠の入り口付近のところです。
このあたりまではまだ大丈夫。
 
5
 
いきなりヒルクライムになるとやっぱり以前のようにはいかず、時々休憩を
挟みながらとりあえずのゴール地点まで到着。
 
他の2人のメンバーさんは私よりもはるかに先にゴールしてました。
前回淡路島ではあんまりレベルは変わらなかったんですけど、
ちゃんとトレーニングされてる方にはかなわないですね。
 
その後どうしようかというお話になって、滝畑ダム経由で戻ろうかという事に。
そのまま戻ろうかと思ってたので、どこまで行けるか不安ですが行くことに
しました。
 
そして鍋谷峠の看板のとこからさらに急な坂を上っていきます。
この辺になるともう私は相当ダウン状態でしたけど(笑)
 
911
 
その後下りですが、堀越観音の案内のある道に進んでいきました。
これがまたもの凄く急な下りでブレーキを握る手が痛くなるくらいでした。
 
ハンドルの位置も高さも全くダメでロードの調整もしつつ今回はある意味調整
のためのライドです。
 
途中道に迷いながら進んでます。
まぁ天気もよくて道中きれいな景色もあり結構いい感じではありました。
 
13 15_3
 
2回目の上りというか私は道をお任せしていたので、どこを走っているのか
あんまりよく分からないまま結構な峠で疲労困憊です。
 
18_2 20
 
しかしほかのお二人には淡路島以来相当差をつけられてしまいましたね。
全く乗ってなかったら当たり前の事ですけど…

まだ完全に動けなくなったりはしないので乗り込んでた時の何かは残ってるのかな?
 
Photo_4
 
ここに来るまで峠をまた越えなければならないとは思ってませんでした(^-^;
でもゆっくり上っていくなら何とかなるもんですね。
 
21 22
 
下りの途中キャンプ場があったので、ここの売店で休憩して補給です。
 
23 24
 
やっとダムに到着。ここまではまだ下りがメインだったのでへとへとながら
早い巡行速度で進めました。上りも所々ありますけど、距離もそこそこいってます。
 
ポジションが全くでてないのでサドル変えてもまた少しお尻が痛めでしたけど
サドル自体ではなくてサドルのセッティングの問題だとおもいます。
高さも後退幅もまったくできてないですし。
 
カーボンで振動は結構吸収してくれてるのでいい方向の変化は感じてます。
今回のメンバーの人はフィージークのアリアンテか何かに変えて全く痛く
無くなったそうですが。
 
25 27
 
そしてこれもまた思いつきな感じで行ったのですが、高速の阪和道のサービスエリア
によって食事です。
 
ここに来るまでも結構上りがあったりして今回はブランクローダーには相当きつかった。
でも何とかなったので、またこれから真剣にやろうと思うきっかけにはなりましたね。
 
 
さらにここから帰路で家まで走ってなんだかんだで峠ありの100Km越えライドでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

久々にロードバイクで淡路島1周にチャレンジ

相当お久しぶりなロードバイク記事更新ですが、前回姫路に行った後からまともに
乗っていなかったに等しいブランク状態です(^-^;
 
もっと乗りたいのですが、職場の担当が変わってからは時間的に余裕がなく
ブログもほとんど更新できてなかった感じですね。
 
少し前の事ですが以前ロードバイクを購入された方からお誘いがあったのがきっかけで
こんな状態でどこまで行けるのかわからないですけど、とりあえず行ってみようと
いうことで参加しました。
 
朝にスタートするので前日に車で淡路島まで移動です。
4人でライドの予定ですが、こちらは2名で移動。相手の方々は電車と船で輪行
されるとのこと。輪行もまだしたことないので興味はありますね。
 
Photo1_2
 
車中泊しやすい車ではありますけど、後部座席にロードを積んでいるので
前席で仮眠するしかないです。朝になって待ち合わせ場所のフェリーのとこに
向かいます。
 
2_2
 
淡路島はあまり詳しく無いのですが
フェリーの乗船場からスタートで時計回りに周るのがスタンダードとか?
 
写真全然撮れてなかったですけど、スタート地点から少し進んだところの
コンビニで一応まとめて撮影しときました。
 
サイクリングマップが発行されていたり、パンク修理の機材を貸してくれる
コンビニがあったりとロード乗りを歓迎してくれる淡路島の対応も
人気コースになっている理由だとおもいました。
 
ちなみにタイヤはチューブレスから前のクリンチャーに変更しました。
以前パンクしたのは夏の炎天下で自動車のガラス片を踏んだのが原因でしたが
ロングライドでまさかのチューブレスパンクとなるとちょっと厳しいなと思ったので。
 
4
 
道中も結構いい眺めがつづきますね。スタートからしばらくは峠もないので
ブランクあっても全然大丈夫です(笑)
 
5 11_2
 
ここまでで生石公園付近の1つ目の峠があってブランクのある私には結構
きつかったですけど、とりあえずは乗り越えました\(;゚∇゚)/
 
その後、途中のモンキーセンターとやらで一旦休憩してます。この辺までは
風も追い風方向なので巡行速度も高く、かなり快適にライドできています。
このあたりが海の色もきれいで一番いい感じだったかも。
 
15
 
途中で撮影した島。サイクリングマップでは沼島となっていました。
この手前ぐらいにあった土生港で一旦休憩している人が多かったですね。
 
17 20

少し進んで2つ目の上りがあり、この峠ではもうかなりしんどい感じでした。
途中でちょっと止まったりしながらそれでも何とか登れてはいます。
 
このお昼の日差しと海の色がなんとも綺麗でいい感じです。
日本で沖縄以外にこんな青い海あったんだと思ったりして。
 
一時期峠とかにはまってましたけど、トレーニングしてた時とは違い全くダメ
でしたね。ダンシングも下手になってますけど、根本的に体力不足です。


ここでメンバー1名が脚がかなりダメになってしまい、体調もすぐれないようで
峠が登れなくなり峠回避のショートカットコースに変更となりました。
私も次の峠はどうしようかと思ってましたけど…
 
21 19
 
この後の3つ目の峠ですが、しんどくて撮影ほとんどできてません。
あと結構なアクシデントでメンバーの方が峠の下りで落車してしまいました。
 
後ろでガシャという音が聞こえて戻ってみると本人は大丈夫そうだったのですが
後輪パンクとディレイラーの調整がやや狂ってしまったようです。
人もロードも動ける状態なのが不幸中の幸いですね。
 
ちょっと下るペースが速かったように思えます。
私も先頭のメンバーについていこうとして前から車が来た時に後輪ロックしかかり
ヒヤッとするところがありました。

一応後ろ荷重とペダル位置は意識しているので何とかなってましたけど。
 
とりあえずパンク修理して再スタート。
 
23 25

南のほうの道の駅のところで休憩ですが、ここに来るまでに結構時間がかかって
しまい、怪我人も出ているので4つ目のうずしおの峠は断念して戻るコースを
選択しました。
 
正直私も次の峠を越える体力は無かったです。
落車したメンバーは後にあばらを骨折していたことが分かりました。
よく最後まで我慢して走れたなと思います。ロードの落車は要注意です。
 
27 30
 
淡路サンセットライン付近だったとおもいますが
後半のほうのちょっとした上りのところで撮影。私はもう体力限界状態です(笑)
 
ブランクのある人がいきなり挑戦するコースではないですね。
後半は向かい風が強くて気温も下がってきてウインドブレーカー装着しました。
 
33 35
 
コースの終盤あたりで撮影。ここまで道は真っ暗で延々と向かい風で体力を
消耗しているのもありますけど、眺める景色もなく只々きついだけでした。
なので写真もあんまり撮れてないです。
 
それでも何とか乗船場のゴールにたどり着くことができたので、完全な1周とまでは
いきませんでしたがなんとか無事に終えることが出来ました。
 
途中からショートカットコースに切り替えたメンバーとも合流でき4名揃っての
ゴールです。
 
12時間かかって走行距離は140kmほどだったと思います。
安全走行と時間をかければブランクあっても何とかなるかなーという感じですが
 
上級者コースはトレーニングされてる方にお勧めします(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

のんびりライドで南河内サイクルライン~高野街道へ

以前からどこかに走りにいこうとお誘いがありましたので今回はちょっと微妙でしたが
南河内サイクルライン(石川サイクルライン)に言ってきました。

とってもいいコースですが、たまたま私が落車した事のある所でしたので勝手に微妙に思っただけです。

前回海外通販でロードを買われたIさん達と一緒に言ってきました。

Dsc00655

そしてこちらは急遽ロードを購入したGさん。新たなロード乗りさんが加わりました。
以前からIさんが誘っていたようですが、今回クロスで参加予定のはずが前日にロードを
購入されたそうです。

Dsc00654

やっぱ中年ぐらいの人は皆さん興味がある人が多いようです。
大体の目的は運動不足解消だったりしますけど、健康を意識しての事ですね。良いことです。

とりあえず一旦我が家に集合いただいてからスタート。
大和川から石川の橋を渡って入っていくコースです。

Dsc00657

そういえば最近あんまり川沿い走ってなかったなと

Dsc00659

入り口の橋です。ロード乗り始めでコースとかぜんぜん知らないときに適当に走っていたら着いた場所でした。

Dsc00660Dsc00662

信号がなくて車が来ないというのは本当に走りやすい。
途中一度川辺から道路に上がるところでコンビニ休憩。

またしばらく走って石川の橋へ到着

Dsc00665Dsc00668

とりあえずまた休憩してのんびりと走ってます。

Dsc00669Dsc00671

お二方のロードを観察。どちらもカーボンフレームで11速アルテグラと11速105。
装備もばっちり揃えられていて気合十分ですね。

うーんなんか私も上のグレードが欲しくなってきましたよ。

ここでちょっとトラブル発生。出発時に私のロードを動かしたらIさんのロードがパタンと倒れて
小型バックミラーが折れてしまった。

触れた訳ではないんですけど、なんか気まずい感じです。

そしてスタートしてしばらく後ろを振り返ったらだれもいないので少し戻ると2人を発見。
変速の調子が悪いようで調整しているようです。さっき倒れたのが原因か?
そんなに狂うものなんでしょうか。私のは落車しても大丈夫でしたけど。

とりあえず皆で調整して大丈夫なようなのでさらに先に進みます。

Dsc00673Dsc00675

川沿いのコースを抜けて高野街道を走り河内長野駅の石碑まで到着。

Dsc00678Dsc00679

そして今回の一応のゴールとしていた長野公園へたどり着きました。この直前の上りが
急でどっかの峠を上ったときを思い出しましたよ。

そして帰りは高野街道を延々と走って帰りました。道が狭かったのとだんじり祭りで人が
多かったので安全の為、ほとんど撮影できてませんけど。

Dsc00736Dsc00735

ロードを購入されたGさんもロードを楽しまれていたので良かったです。
後半はGさんがたまたま地元でしたので逆に案内してもらってました(笑)

ケイデンスとかシフトがまだうまくあわせられないとの事でしたけど購入1発目ですからね。
ビンディングペダルは危険に思うので当分付けられないそうです。やっぱり最初は抵抗ありますよね。

のんびりしすぎて帰りは完全に真っ暗になってしまいましたけど、走行距離は70kmぐらいで
ゆったりライドでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

姫路城ライドに行って来ました。観光分~帰路へ

結構バテバテになっているのですが、せっかくきたので観光もしておきましょう。

Dsc00580


普段テレビはほとんど見ないので世間で何が話題になっているのか全く知らない人ですが
これは電車の広告かなんかで見て知ってました。

とりあえず入ってみようということで

Dsc00581Dsc00582


中はあまり撮影できないので写真はほどんどないですが一応撮ったぶんだけ。
安い割には楽しめるほうでしょう。

Dsc00584

腹が減っているので近くの食堂で昼食です。たんぱく質より炭水化物を意識して摂ってます。
すぐエネルギーになってもらわないと帰り道もありますので。

Dsc00586Dsc00589

記念に撮影。

Dsc00590Dsc00591

まだ塗りたてで白いのかと思ってたのですが、元々かなり白いお城とか聞きました。

Dsc00595Dsc00597

中に入ってみる

Dsc00598Dsc00600

城の見学は小学生依頼かも知れません。

Dsc00602Dsc00603

ほんとに白いな。

Dsc00604Dsc00606

中に入ってみた景色。

Dsc00608Dsc00610

部屋がたくさんあって大きい住まいです。

Dsc00611Dsc00612

戦の要塞なのでいろんな造りがありますね。

Dsc00613Dsc00614

一度ぐらいは見ておいてもよいかと思います。
一部工事中なのがちょっと残念でしたけど、まぁ楽しめました。

Dsc00615

そろそろ帰路につきますか~。帰りも結構な距離ですな。輪行しようというお話も
あったのですが、とりあえずそのまま帰ることになりました。

帰りは雨に遭遇してぜんぜん余裕がなくて撮影してませんでした。
途中はかなり本降りだったので、大変でした。

Dsc00617Dsc00616

一旦止まって雨装備を装着です。
ドイターリュックの雨カバー初めて使いました。やっとかないとタイヤから跳ね上げた水で
ドロドロになってしまいますからね。

一応ウインドも持っていたので着てます。持っといて良かったよ。

Dsc00618

もうすぐスタート地点のユニバーサルスタジオに到着しようかというところ。
後半は雨で気温としては救われました。カンカン照りよりは雨の方がよかったかも知れません。

帰りは2号線を延々と走って帰ってきました。行きの43号線よりも走りやすかったと思います。

途中で水分がやたらと欲しくなったのでコンビニに何回も寄ってました。
行きよりも消費量が多かったです。

到着は20時ぐらいでしたでしょうか。朝6時に出発して食事して観光してこれぐらいでした。

かなり疲れた。走行距離は往復で約200km程です。
これぐらいでまいっているようではロード乗りとはいえないかも知れませんが、目的は達成
しました。

機会は減ってもこれからもちゃんと続けていきますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

久々に本格ライドで姫路城に行って来ました

時間が経つのは早いもので、しばらくブログから離れていると知らない間に
半年以上経過していました。

勤め先の部署移動があったのでまたゆっくりとした時間がなくなったのも大いに関係していますが、
自分の時間を有効に使いたいものですね。


さて久々のライドといっても少し前のお話になりますが、更新する余裕がいまいちなかったので今頃です。

結構距離が長めのライドを計画し姫路に行って来ました。

以前から姫路城に言ってみたいと思っていたので、一度企画して誘ってみた所お二人の方
が参加してくれました。
うち一人の方とは今回が初めてのライドです。

皆さん住んでいる場所が離れている為、朝5時にユニバーサルスタジオジャパン付近の駐車場で待ち合わせ。
若干遅れたのですが、ちょうど6時ぐらいには出発できました。

Dsc00544Dsc00547

とりあえず国道43号線を延々と進んでいます。途中に高速の入口や出口があるので
そのところがちょっと危険な感じです。

3人で走っているので時々車を避けるなどしてタイミングが合わず側道に入ると、
川をわたるのに結構な回り道をする事になり面倒でした。


Dsc00548

しばらく走って甲子園前に到着しちょっと休憩。

追い風な事もあって条件のいいうちに距離を稼ぎたいのでさっさと次に向かいます。

Dsc00555Dsc00556

神戸ポートタワー付近を通過。神戸の三宮、元町あたりですが追い風だったので
かなりのアベレージを保って思っていたよりは早くつきました。
でも姫路まではまだまだですけど。

順調なのは曇りという天候が一番幸いしていたと思います。7月のお話ですからね。

Dsc00557

さらに走り続けてコンビニで休憩。ここまでではこれが本格的な休憩でした。
赤いウェアを着ている人が今回始めてご一緒いただいた方です。
私よりもはるかに経験ありです。

「がんばってついて行かなければ」と結構本気で走ってたりしたQ太郎です。


Dsc00558Dsc00559

そしてさらに走り続けて今度は淡路島へと続く橋が見える海辺で休憩。
この辺りまで来ると景色が変わってきてなかなか楽しめました。

風向きが若干向かい風になってきてペースが落ちてきたのと、ちょうどこの辺りを
走っているときに左脚のふくらはぎの所を攣りました。
筋を伸ばしてすぐに復活できましたけど、ちょっと痛かったですね。

Dsc00565Dsc00566

あんまり詳しくないのですが河を通過しています。この辺りから夏の陽射しが本格的に
照り始めてきて予想以上に水分と体力を消耗してきました。

Dsc00572Dsc00573

いつかの記事でも書いたと思いますが、これぐらいの距離と暑さではスポーツ飲料より
コーラを飲んでるほうがよっぽど回復します。話をしているとどっかの団体ではコーラを
普通に採用しているとか聞きましたが、本当なんでしょうか?

コンビニによって1.5ℓコーラを氷に入れて皆で飲んでます。サイコーにうまい!

Dsc00574

ようやく整った景色になり始め姫路城はもうすぐそこです。
陽射しがきつくてほんとにつらくなってました。最初からこれぐらいの天候だと結構
危なかったかも知れませんね。

Dsc00575Dsc00576

そして姫路城に到着!久々の長距離だったので結構バテてます。でもここまで来れたという
充実感の方が強いかな。

Dsc00579

せっかくきたのでもちろん観光もしていきます。親切な警備員の方に案内されて駐輪。
流石に大阪から自転車で来たとなると普通の人は驚きますね~。

距離的にはサイコン読みで98kmぐらいでした。もうちょっとで100kmでしたけど
回り道などやっている余裕はありませんでした。

次回は観光分アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

まだ終わってはいません(笑)高野山(2回目)に行ってきました。

ほんとお久しぶりな更新になってしまいましたが、
気持ち悪い怪我の後遺症を治すために安静にしていただけで深刻な理由はありません。
ゆっくりしていたのでほぼ100%まで回復できました。

もし気にしていただいた方、いらっしゃいましたらありがとうございます。
まこと申し訳ございませんでした。

さて今回は一応ロードメンバーである同僚さん2人と高野山チャレンジということで
この前のお休みが合ったときに行ってきました。

Dsc00376

ふもとの橋本市で待ち合わせして、準備してとりあえずGO。

T君はビンディングペダル&シューズを導入しているので以前よりもレベルアップ
しているのか?シマノの105ペダル&シマノシューズだそうです。
当たり障りなく良い選択ではないかと。

Dsc00378 Dsc00381

上り方は何ルートかあるようですが、なにぶん一昨日に計画してそのまま実行
だったもので、よく調べておらず以前に上った時と同じルートにしておきました。

Dsc00382_2

鍋谷峠に行ったときのメンバーと同じなのですが、若手のT君が大丈夫か
最初からかなり不安でしたけど序盤から結構危うい感じ。

Dsc00387

後ろを振り返るとすでにいなかったりしました。まだのぼり始めてそれほどでも
ないんですけど…大丈夫かなと

Dsc00388

遠くのほうで見えたので20倍ズームアップで撮影。最近のソニーの手振れ補正は
すごいな~とぜんぜん関係ない事に関心しつつ、とりあえずそこまでもどって
再スタート。

Dsc00389

やっとそれらしい風景になってきましたが、このあたりですでにT君は脱落して
先に2人で上っていく事になりました。

T君多少体重はあるものの20代なので大丈夫かと思っていたんですが、
やっぱりロードは乗り方の問題が大きいかと思います。
ビンディングペダル導入で期待していたのでちょっと残念でした。

この後からはもう一人のメンバーMさんと一緒に結構ガチで上ってます。
よって道中の撮影はほぼありません。
特製BCAAドリンクを飲んでいる効果か?結構順調です。

Dsc00391 Dsc00392

途中で唯一止まった場所。というよりT君の状況を確認したかったので止まった
のですが、以前と同じ場所で撮影しときました。
久々にヒルクライムでしたけど、意外と上れるもんですね。

一応アウター縛りでがんばって上っていきました。前に来たときはリアが11-23だった
のできつかったんですけど今回は12-28のスプロケ装着しています。

最後までアウターダンシングで上れました。
ガチだったのでやっぱり撮影はできてませんけど。

とりあえず高野山の街の辺まで到着。

Dsc00393 

前は霧でみえなかったけどこういう建物だったのかと一応撮影。

Dsc00394 Dsc00395

紅葉はもう終わりかけでしたけど見ることはできました。
しかし今日は暖かい。天気は良くてこの辺りの気温も12℃あったので
タイミングは良かった。

Dsc00402 Dsc00404

天気が良いと気持ちがいいですね。

Dsc00411

T君が1人でいるのでちょっとだけ寺を回ってすぐ下山しました。
あんまりゆっくりもしていられない。

Dsc00412  Dsc00413

今日はローディーの方を何名か見かけ
コンビニ補給で一緒になった方とダウンヒルしていました。

ホイールがシャマルウルトラだったので結構気合入ってそうな方でした。
本日2本目の上りだったとか。すごいですね。

Dsc00414_2 

帰りの撮影もこれだけですけど、この時期にしては寒くもなくいい環境の
ヒルクライムでした。
T君とは中腹のお土産販売の所で落ち合え、事故も無く下山できました。

でも上りの途中でちょっとだけ膝が痛くなってきたかな~という感じでした。
しばらく乗らずにいて急に上りでは当たり前か。

また次のチャレンジを考えて
T君にはもう少し乗り方をマスターしてもらわなければ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

鍋谷峠へのポタリング~三国山へ とりあえず達成。

鍋谷峠の目的地に到着してからさらに上っていこう(三国山へ)という事で出発です。

なんか最初からかなり勾配がきついんですけど…

Dsc003220008

初なのでどの程度のものかだれも知らないですから、わからないまま先に進みます。

Tさん「うわぁ~失敗した」と上りを選択した事を悔いていました(笑)
さっきまでの上りは大した事無かったなと自分でも思っていたので、そういうのも無理はないでしょう。

さすがに途中でミドルに入れてしまいました。(フロントトリプルなもので)

Dsc003250011

この辺りになるとQ太郎よりMさんのほうが乗り込んでて体力あるなと感じました。
まぁ一応まだ治療中の身ですからと言い訳しつつも、さすがに心拍も170辺りまであがってしんどくなってきました。

それより問題なのが、上まで上がってきたとはいえ気温が高すぎて水分の消費がハンパでない。

手持ちの飲み物が尽きてきてこの峠道では自動販売機もなく、精神的にやばくなってきます。
Mさんも同じくちょっとバテてきてます。

Dsc003260012

Tさんはというと意外と水分は大丈夫のようで、下で飲んだ水分が効いているようです。

少し進むと道が2手に分かれています。観音様行きかそのまま進むかですが寄り道している余裕は無いのでそのまま進みました。

Dsc003270013

上りがきついのか水分がなくてしんどいのか微妙な所ですが、なんとか進んで林道入り口でちょっと休憩。
水が尽きているのでへんな焦りがでます。これぐらいの暑さなら1.5ℓぐらい持っててもいいぐらいかな?
追記 後から考えると時間的に蜂に刺されたのが関係あるかもしれません。
足首付近を刺されたのですが、翌日腫れてました。
熱っぽくなる、喉が渇くとかなるそうですがロードに乗っている症状と似ているので
よほどはっきりした症状がでないと判別が難しいですけど。

止まっている時にMさんのホイールをちょっと拝見

Dsc003240010

SHIMANOのRS80+グランプリ4000

Q太郎もクリンチャーオンリーならお手ごろなこのホイールを検討していました。
結構軽いですしね。重さは自分のレーシング1 2way-fitと同じぐらいだったと思います。

Mさんは私がロードを始めてからしばらくしてお誘いしているとロードを購入されたので、
まさか本当に乗ってくれるとは思っていなかったのですが、ホイールまで替えられて気合入ってます。
ビンディングペダルも導入されていますし。

ちゃんと自転車屋さんで購入されているので、確かな情報が入るようでいいですね。
Q太郎は自分でイジるのが好きですから、コンボとか安い部品を安く替えて楽しんでた所もありますが
パーツで走りにもろ影響でるのはタイヤ、ホイールとビンディングペダルだと思いますので。

でもビンディングペダルに関しては歩くときにクリートが邪魔なのは事実ですけど。
Q太郎が初期に使用していたストラップペダルが普段乗りとか通勤ロードには便利だと思います。


さて、内容がそれましたので戻します。


三国山への道中、ちょこちょこ下りが入る所があるので、その度「下りやぞ~」と遅れを
とっているTさんを活気づけながら上ります。

Dsc003280014

よく分からない塔があります。

そこから先に進むと最後は父鬼への林道になっていておそらくゴール到着です。
ロードでは先にいけないのかな?最後を撮影し忘れた。
喉が渇いているので歩いて先を見に行く気力もなくそこから折り返し今度は下りです。

風が当たって気持ちいい。ペダルもほとんど廻さなくていいのでちょっと気持ち的に楽になった。
所々路面の悪い所があるので気をつけてブレーキングしながら下っていきます。
喉渇いて早く下りたいので撮影してませんけど。

油断するとろくな事ないのでせいぜいMAX 35km/hぐらいで下ってます。
サドルからおしりがはみ出すぐらいの位置に座り後ろ加重も忘れずに。

順調に下っていく途中でちょっと危険だったかも知れないトラブル発生。

Dsc003050001

Tさんが時々ある路面の凹凸に前輪をヒットしてリム打ちパンク。カーブ付近だったので
よく落車しなかったなと…やっぱ若いねぇ
反射神経ありますわ。

またパンク修理作業です。チューブを持っていないという事でパッチで修理し漏れなく大丈夫そう。クリンチャーはパンク修理楽ですね~

Dsc003000002

何とか峠を下って自動販売機で水分をタップり補給。無事スタート地点に帰れました。

Dsc002990001

後半ほぼ撮影できてませんけど…

それほど困難な内容ではないはずなんですが、余計なトラブルに見舞われさんざんでした。
最初なのでこんなもんだろうという事で、また次回はちゃんと下調べして装備を整えて挑もうと思います。
備えあれば憂いなし。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

鍋谷峠へのポタリング いろいろありつつ…

初っ端にパンクして出鼻をくじかれた感もありますが、そんな事は置いといて

前回のつづきです。

チューブを買いにいっていただき、ちょっと時間がかかってるな~と事故とかしていないか気になりつつ
スマホで調べた地図の方角がわからず逆方向に走っていたとの情報が…
Tさん逆方向教えたらさすがにダメですよ。

なんかスムーズにいかないけど土地カンもないし、しゃあないです。

Dsc00295

野菜のお店でまちつづけて、しばらくしてチューブ到着!

ホームセンターとかいろいろ見て周ってくれていたようですが、700/23Cとかは普通には置いていなかった
ようです。

自転車屋さんでも普通のママチャリ屋さんだとそういうサイズはそれほど無いようで結構分厚いやつです。
噛み込んでもパンクしないぐらい分厚い(笑)心強いかも。

Dsc00296

早速セットして空気を入れ今回は無事に復活しました。
まだほとんど走っていませんが、チューブ買いにいってもらったのでとりあえず昼食してから出発しようと
いう事で。うどん食べて水分補給して再出発。

やっとまともに走れます。でもお日様が真上ぐらいに来てかなりジリジリときてます。

Dsc00298Dsc00297

480号線を順調に進んで始発地点に到着。材木置き場で一応撮影。

Dsc003010001Dsc003030001

ここから峠の上りが始まります。
鍋谷峠ってシマノさんの練習コースなんですか?

Dsc003110001

さぁヒルクライムスタートだ!とさっさと上り始めてしばらく、若手Tさんがかなり苦しそうなのでストップ。
Q太郎とMさんはそれなりにはロードに乗っているのでそれほどにも感じませんが、1年ちょい前にロードを
購入したとはいえ、ほとんど乗っていないとつらいみたいです。
確かに自分も最初の頃は体力もそうですが、乗り方が悪くてそうだったなと思いました。

でもなんか気分が悪くなってきたとの事で、この暑さゆえ脱水症状ではないかと。
水分は取っていても汗でナトリウムとかミネラルが急激に流れ出てしまうとまずい。
Tさんお茶ばっかり飲んでたので糖分、ミネラル不足もあるかと思い

ちょっと下山してアクエリアスと水を調達して飲んでもらいました。
しばらくすると気分が悪かったのは取れたようで、行けます!といってもらえました。よかった。

ということで続行。

Dsc003040001Dsc003120002

またしばらく順調に上りはじめます。がTさん脚がつらいという事で所々で休憩。
気分は悪くないか?と聞くとそれはもう無いそうでさっきのはやっぱり脱水症状で間違いないかと。

もう嫌だとか、無理とか弱音は吐かないので大丈夫でしょう。

Dsc003060001

Q太郎は鍋谷峠は初ですけど怪我のブランクがあったわりには意外と楽な感じがします。
ハブ、BBのセラミック化してまともなヒルクライムは今回からなのでそれも効いてるのかも知れませんが。
一応アウターで上って行けてるしMさんもアウターでOKみたいなので異常な急坂ではなく程よい
坂がそれなりに続く感じですね。

でもQ太郎とMさんはホイール替えてますのでTさんよりは楽してるかも…

太ももの前側の筋肉(四頭筋)が痛いらしくハムストリングスでペダリングできていないようです。
平地では普通についてきてたので、上りにもなると乗り方は大切という事ですね。
軽いギアを早々に選んでしまうと前の方の筋肉にくるのでダンシングをマスターする必要も
あるし。

そういえばQ太郎も上りのダンシングをちゃんとマスターしたのはヒルクライムやってからです。
最初はペダルを脚の力で踏んでしまうのですが、体重を利用してペダルを押さないといけないんですよね。
体重を効率的に利用できるギア選択も含めて。

TさんにはQ太郎が最初参加したシマノさんのロードバイクセミナーを受講してもらった方がよいかも。

Tさんにいろいろと説明しながら、(と言ってもQ太郎も大した事ないですけど)さらに上って行きます。

だんだんと山の頂上の方が見えてくるので、もう少しです。
途中で我々にハチがやたらと襲い掛かってくるんですけど、なんででしょう?Q太郎は1箇所刺されました。
1箇所に留まっているとよく襲ってきます。黒いウェアとかも駄目みたいですね。
しつこく追いかけてくるのでご注意を。


かなりバテバテで脚が痛いTさん。でも確実に上っています。
MさんはQ太郎より断然上ですね。

Dsc003130003Dsc003140004

前方を見るとやっと和歌山県への表示が。とりあえず第一目的地に到着。


Dsc003170003

休憩&撮影。

まだまだ体力的には大丈夫なので本来なら和歌山方面へ下って行きたい所ですが、いきなりTさんを
ヒルクライムに連れてきてしまったので帰りが大変になるといけません。
ここから折り返すかさらに上っていくか相談して上って行く事になりました。

またつづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

鍋谷峠へのポタリング でもチューブレスタイヤが…

トレーニングコースで1人でトレーニングしても暑くて気持ちも萎えるので、以前から計画していた同僚さんとのポタリングに行ってきました。

なかなか休みが合わなかったので一緒に行けなかったのですが、ちょうど3人の休みが重なったので、ろくにコースも調べていなかったのですがとりあえず行こうという事で。

普段ヒルクライムはやっていないので、上りのある所が良かったので行き先はルートラボで出てきた鍋谷峠に決めました。



チューブレスの効果も平地以外で試してみたかったので、ちょうどいいかと。

3人共住んでいる所が離れているので集合場所はどこがいいのか考えて河内長野で待ち合わせという事で。

Dsc00274

予定の時間に集合場所につき出発準備。同僚のMさんと若手Tさん。
雲ひとつなく快晴ですが8月の猛暑で気温が高く、水分補給はまめにしておかないと結構危なそう。

170号線から480号線に向かって走り始めます。

Dsc00277

それほど急ではないですが、そこそこ長めの上りがありましたので、Tさんは一番若手ではあるものの普段からロードに乗っている訳ではないからちょっと厳しいみたいです。

と思っていると、人の事を気にしている場合では無くなる事態が

順調に走っていたんですけど、突然前輪からプシューッという音がして「えっ、嘘やろ」と思っているうちにみるみる空気が抜けてしまいました。

まだタイヤ履き替えて間もないのにパンクですか。
しかもチューブレスですよ。炎天下のなか冗談じゃないですよ~。

Dsc00289

でもちょうど休憩できそうな場所が近くにあったので、降りて移動。

Dsc00279

パンク箇所を調べ、穴の開いている箇所を発見。
原因はガラス片、車のウインドウのかけらのようです。チューブレス修理キットでやってみようと実践。でも穴というより横に裂けた感じなので厳しいかもと思いつつ

とりあえず手順どおりにやってますが、作業終了して空気を入れるとぜんぜん圧があがらず音を聞いているとまだシューッといってます。

Dsc00281

探すともう一箇所もガラス片が刺さって穴が開いていました。
(帰りに道路確認するとガラス片が撒き散っている場所ありました)

Dsc00282Dsc00284

こちらはまだ穴が小さいです。こちらも修理キットで対応。

Dsc00285Dsc00288

空気を入れると一応漏れなく7barまで入りました。大丈夫かなとおもいつつ
とりあえず行ってみようと出発。

で、しばらく走っているとまたプシューとあっという間に空気が抜けました。
穴が大きいのが原因と思いますが、もう一度修理キットでやってみてもまたしばらくすると同じ事に。片方の穴は大丈夫ですが、最初の裂けた感じの穴がアウト。
走っていると入れた補修剤が内から飛び出してしまいます。

Dsc00294Dsc00293

あきらめてチューブを入れる事にし、作業開始。ここでチューブレスの脱着の困難さが
もろにでます。入れるのもそうですけど外すのも面倒。自宅で石鹸水たっぷりでやってるようにはいかない。

専用タイヤレバーで何とか外して、チューブを入れて空気をいれます。
が、またすぐに空気が抜ける。タイヤレバーでやってしまったようです。

チューブも無くなり、もはやお手上げ。
日陰もほとんどなくかなり最悪な状況。メンバーさんにチューブを買いにいってもらう事
になりました。申し訳ないですが動けませんので…

Dsc00291

しっかし2箇所もやられるとは。気温が高く路面の温度も高いのでゴムが柔らかくなって余計に突き刺さりやすい状態だったんでしょうね。
タイヤが新しくてちょっとベタついた感じだったのも関係あると思います。
ちょっと砂っぽくなった後輪はもうそれほど問題なさそうです。

Dsc00295

今の場所にとどまっていてもお日様にやられそうなので徒歩ですが移動。

その間いろいろと声をかけてくれる方がいて、
さっきまでいた工場みたいな所の外国人の方がパンクしているのを見て運んであげようか?とか競輪されているハーレー乗り(自転車積載用フレーム付)の方が自転車積んで運んであげようかと道中2回も救いの手を差し伸べられました。

チューブ買いに行ってもらっているので、お礼を言っておきました。

世の中まだ捨てたもんじゃないと、一筋の明るい光を見たような気がしました。

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

サイクリングイベントに行ってきました。淀川~武庫川サイクリングロード~宝塚

身体もほぼ治ったのでもう大丈夫だろうということでリハビリも兼ねてサイクリングイベントに参加しました。

いつもみてくださっている方、ありがとうございます。

普段は大阪南部のコースが多いのですが、今回は大阪梅田集合の兵庫県へ。

自宅から集合地点のヨドバシ梅田に出発。

特に体調もロードバイクも問題無くそこそこのペースで進んでいます。
集合場所までの距離が約15kmぐらい、25号線をひたすら北上。

Dsc00051

信号がそこそこあるのですが、40分ぐらいで到着できたので、まぁ普通かと。

集合場所に到着、コース等の説明と人数が多い事もあり班分けしてスタート。

Dsc00052Dsc00053

少し前にできたグランフロント大阪とルクアが見えてます。梅田は仕事ではよく来ますが自転車で来たのは初めてですね。

Dsc00055Dsc00054


のびのびした景色を見ながらロードバイクに乗って、ああもう大丈夫だなとちょっと安心できました。

Dsc00057Dsc00059

淀川の川岸を少し走って兵庫県の2号線へ、先へと進み武庫川サイクリングロードに入りました。

Dsc00062Dsc00063

サイクリングコースなので信号も無くて快適ですね。人数が多いので普通の国道は結構
安全管理が大変ですから、余計そう思うのもあるでしょうけど。

チームごとに走っているので途中ではぐれたりもしましたが、問題なく進んでいます。

宝塚市に入ってしばらく走り、宝塚劇場に到着。有名なんですが、現地に来たのは
初めてだったりしました。ここでしばらく休憩し次の場所へ。

Dsc00069Dsc00070

火の鳥や鉄腕アトム等の作者で有名な手塚治虫記念館へ立ち寄りました。火の鳥は漫画や映画で結構見てたので個人的には結構良かったです。中には入ってませんけど。

Dsc00072Dsc00074

お昼も近づいたので、皆で昼食へ行きます。今回のイベントはいつもより結構長めです。

Dsc00080Dsc00079

昼食を終えて、ちょっと眠い感じもしながら帰路へと

途中で伊丹酒造さんへ立ち寄り、ちょっと見学しつつ休憩してます。

Dsc00085Dsc00086

お酒はあまり飲まないのでよく分かってませんが、風情があってよいです。

Dsc00090Dsc00091

ここから下はまた別の建物

Dsc00103Dsc00097

江戸時代当時のままだとか

Dsc00099Dsc00100

休憩を取って次の場所に出発します。

Dsc00092Dsc00094

帰路で伊丹空港付近に寄りで飛行機を見てます。これって最近話題になってた機種ですか?
日陰が無いから結構暑かったですけど普段見てないものを見れたのでこれはこれで楽しいです。

Dsc00105Dsc00114

さてゴール地点へ向かい川に沿って道を進みます。結構快適な道でした。

Dsc00116

行きとは反対側の淀川の川岸へ。道が広くてゆったり快適、向こう側は大阪梅田の街が見えます。

Dsc00118Dsc00119

先行チームとはぐれたりする事が結構ありましたけど安全面に注意を払って事故さえ無ければ大丈夫です。

ゴールのヨドバシ梅田前に無事到着。9時過ぎに出発して17時ぐらい着。
今日は丸1日のイベントになりましたがボリュームあってよかったです。休日なので人が多いですね~。

Dsc00121a

イベントだけで60km、集合場所への往復で30km、100km欲しい所でしたけど復活したばかりなのでこれぐらいで十分です。

Dsc00122

主催者様、楽しいイベントありがとうございました~。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)