カテゴリー「デリカD5」の18件の記事

パーツ取り付け(JAOSマッドフラップ、シートカバー、タワーバー、フロアバー、リアモノコックバー、インバーター取り付け、NGKプラグ交換など) 純正オプション(ラリーアートエアーフィルター、ステップマット、ラゲッジトレイ) 

2017年4月 1日 (土)

デリカd5 インバーターのその後

相当久しぶりの更新ですけど、残業の多い部署に行くとなかなか他の事ができないですね。

インバーターを取付した後のレビューというか、実際使えるのかどうかを
書けていなかったので。

BAL ( 大橋産業 ) DC/AC正弦波インバーター DC12V 定格出力:1800W 489

電子レンジのようなものは頻繁に車中泊でもしない限り検証できないですが
以前から車磨きのためには使っていました。

最初はリョービのダブルアクションのサンダーポリッシャーを使い
こちらは消費電力が300W程度なんですが、エンジンをかけながら使用して
回転調整をMAXで連続使用しても全く問題なし。

ガラスコーティングする為の下地づくりに使用して大型のミニバンなので
相当な時間稼動しっぱなしでしたが特に不具合はありませんでした。
もう3年前ぐらい前のお話です(笑)



1800Wまでの容量があるのでこれぐらいは当たり前の話になりますけど

3年経ったので最近また車のボディーコーティングの為に車磨きをしようと
今度はシングルアクションのポリッシャーを購入しました。

こちらは約900Wの消費電力なのでインバータの容量テストには結構いいかと
思いますが

早速使用してみた所、こちらも最高回転で連続運転しても全く問題なく使用できました。
慣れない作業だったので半日ぐらい使ってましたがインバーターやバッテリに
特に問題も発生せず。

もちろんエンジンはかけて使用していますけどね。

モーターの付いてるものは瞬間最大の電力が高いとよくインバータの
レビューで言われていますが、このポリッシャーの消費電力では全く問題無しでした。

なので私の結論は少なくとも1000Wぐらいまでの使用であれば連続運転
しても全く問題ないということになります。

インバーターを検討中の方のご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

デリカD5 インバーター取り付け作業です。

購入したインバーターを取付していきます。

まず決めておかないといけない事が

インバーターをどこに設置するか

バッテリーからの配線の引き回しルート、配線の長さ。

設置はフロント中央の足元辺りが理想だったんですが、少なくともデリカD5には
そういうスペースが無い為、助手席の下に設置することにしました。

電源ケーブルの方は自作しないといけないので、バッテリからの距離をメジャーで計って
大体の長さを割り出して購入します。

2.5mぐらいで長くも無く、短くもなくちょうど良いのでコーナンプロで購入。

Dsc00440

電気屋さんでは無いので知識がなくどれがいいのかいまいち分からず。
12Vをインバーターで変換して100Vの1000W前後で使用したとして120アンペア程度
の電流には耐えないといけないらしく(正しいかは分かりません)

とりあえず120アンペアまで許容している電線を5m購入。
後は端子類をバラ売りで購入。絶縁カバーも忘れずに。
Dsc00441

ケーブルむき出しのまま配線するのもあれなので一応カバーも。

Dsc00442

ケーブルを作るにも圧着工具が無いのですが、これがまた高い。今回購入した22サイズ
とやらでは1万以上するみたいなのでこれだけの為に買うのはバカバカしい。

Dsc00449 Dsc00451

というわけで知り合いの電気屋さんに出向いて工具をもっていないか聞いてみた所
やっぱり電気屋さんゆえ持っておられたのでカシメていただき作成しました。

Dsc00452

お知り合いがいるとこういう時に力になりますね。

で早速配線です。

バッテリ付近から左フロントフェンダー内を通して入れるのが簡単なようなので
インナーフェンダーを内張りの留めをはずして開きます。

車内に入る穴があり、ゴムの蓋で
ふさがれているので取り外し、真ん中をくりぬき使用。
Dsc00443 Dsc00444

配線のカバーにケーブルを入れ込んで配線準備。バッテリーの所からフェンダー裏を通して車内へいれます。一応さっきのくりぬいたゴムも付けときましょう。

Dsc00454Dsc00460_2
Dsc00458Dsc00459

ちょっと分かりづらいですけど右下の画像の穴から車内にいれていきます。


車内側より内張りはがしで助手席足下の内装(発煙筒が付いている内張り)をはがして
いくと奥に穴が見えるのでそこから入ってきます。

Dsc00463Dsc00465

とりあえず足下の内装の中を通して助手席下に開いている穴からケーブルをだしてきました。

Dsc00466_2Dsc00467_2
Dsc00471Dsc00469

線が太いので短すぎは問題外ですが長すぎても邪魔になりますのでちょうどいいぐらい
の長さにしましょう。長い分は引き回しである程度調整できます。

インバーターの端子カバーをケーブルに通しておくのを忘れずに。
端子を固定してからあっ忘れてたという事になりがち、2度手間になりました。
きっちり付けておかないと座席下のフレームに触れてショートする可能性ありそうです。

Dsc00475Dsc00476

付属のボルトナットでケーブルとインバーターを結線して絶縁カバーを取付。
助手席下の穴からケーブルが出てきている様子です。

それなりにいい感じになってきました。

最後にバッテリ側を結線して一応作業は終了。
Dsc00478Dsc00477

バッテリにつながっている純正端子にちょうど電源を取るため?のナットが付いていたので
そこに端子を固定して結線しました。

電源入れてみようという事でスイッチON。「バチッ」とか言わず
バッテリ電圧と使用ボルト数が交互に表示。スマホ充電器をつなげてみるとちゃんと動いています。良かったです。
Dsc00472
フロアバー、邪魔になって上のほうに持ち上げて固定しました。足でインバーター蹴られなくて良いかも。
助手席の下には温風の排気口があるのでインバーター使用時は足下から風を出さないようにした方がいいかも。

本格的な動作確認はまた別作業にて実施してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

デリカD5 インバーターを取り付けしたくなり購入。

絶対必要という訳でもなかったのですが、家と車庫が離れているのもあり
何気に電源が欲しいと思うことがあるので車載インバーターを取付しました。

車磨きをするアイテムをカー用品店で見て車の近くに電源があればな~と思ったのが
きっかけだったりします。

車内泊を頻繁にする方であれば必須アイテムでしょうね。

で、どれぐらいの容量のやつにしようかと悩みつつ、最初は150Wや300Wぐらいの
やつを見ているのですが、見ているうちにどんどん容量の大きいものに目がいくようになり

さらには正弦波タイプがいいとかリモコンが付いているほうがいいなど、見ていると
きりがありませんが

最終は1800W対応のものを選択しました。

BAL [大橋産業] 正弦波 インバーター 1800W

コストパフォーマンス重視なので価格と性能とかで比較していくとこれになった感じです。
本当に必要な人は10万上する本格的なやつを取付されればよいと思いますが
信頼性は別として自分としては容量と価格面でこれぐらいで十分かなと。

開梱して付属の電源ケーブルが短いなぁと真っ先に思いましたが、商品レビューで散々
言われていた事なので別にかまいません。

大容量のケーブルはあんまり売っていないようなので自作するしかなさそうですね。

デリカは取り付けされている方も結構いるようで情報を参考にして取付していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

デリカD5 エアフィルター交換 ラリーアート スポーツエアフィルター

吸気系のチューンという程でもないですが、ディーラーさんでラリーアートのスポーツエアフィルターを取り付けしてもらいました。



ラリーアートといえば三菱自動車では純正みたいな感じになると思いますけど
純正オプションかというと微妙なので普通のパーツとして扱ってます。

ディーラーさんで取り寄せ、取り付けの為、実は現物を見ていなかったりします。

Dsc02549

結構前に取り付けしていたのですが、取り付けてしまうと外からは見えないので
とりつけたことを忘れかかっていました(笑)

画像下部の金具で挟まれているのがスポーツエアフィルターです。

Dsc00256

フィルターのパッケージ、中に入っているのはディーラーさんより渡された元の純正のフィルターです。



ほかにもっと効率よさそうなやつもあるのですが、ラリーアートのやつは純正と同じ集塵能力があるようなので、車にやさしいかと思い選んでます。

湿式タイプのやつはパイプの中とかセンサーが汚れやすいような感じがするので避けました。

特にきのこ型のやつはスポーツタイプの車に乗っていた時付けてましたけど、吸気能力はあるものの、しばらくしてばらしたら中が結構すすだらけだったので。

それほど高回転までエンジン廻すような車でもないのでこれぐらいで良いです。

肝心の交換の程は

正直気持ちの問題です。置き換えタイプのクリーナー交換だけでは変化は感じにくいです。
マフラーを変えていて排気効率のほうが高い状態なら変化は感じるとおもいますけどね。

入り口が広くても出口が狭ければ、あんまり効果は得られないですよね。

理屈を解っているなら最初からマフラー変えろと言われる所ですが、マフラーはそれなりに高価なので1万円程度で交換できるクリーナーにいってしまうのは自然な流れなのでした…。

高速道路でパドルシフトを使って運転していると、なんとなくレスポンス良くなったかな?
と最初は思いましたよ。

スポーツフィルターへの交換でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

車雑誌 CAR and DRIVER さんよりアンケート依頼いただきました。

やたら猛暑が続いたと思いきや今度は大雨がそこらじゅうで降っているので
困ったもんですね。
でも「異常気象だ」なんて毎年言われているような気がするQ太郎です。

いつも見てくださっている方、わずかでもありがとうございます。


ピンポンがなり、なにやら荷物が届いたようで受け取りすると

Dsc00373

あっそうだったと思い出しました。


以前に雑誌のアンケート調査のご依頼をいただいたので、Q太郎程度でよろしければと
いう事でお受けしました。


Dsc00374

車のユーザー満足度を調査していたそうで、デリカD5をバリバリチューンしている人
には申し訳ないですが、ほぼ純正で乗っている人の方がよかったようです。

実際コメントした長さよりちょっと短くなってましたけど(笑)
ご採用いただいただけでありがたやです。

Dsc00375

お礼に CAR and DRIVER さんより2013 10月号雑誌とTシャツをいただきました。
ありがとうございます。

少しずつでもブログ続けているとこういう事もあるんですね~

デリカ記事はまだまだ少ないですけど、車は先立つものがいるもので…

とりあえず安いパーツつけてちょこちょこ遊んでます。

チューンはあんまりできなくても冬場なら雪山へ滑りにいくので、車内泊とかの
様子も撮影して記事にできるかと思います。

せっかく車内泊マット買ったのでもっと活躍して宿泊費浮かさなければ

デリカD5結構いい車です。

Dsc02840

個人的評価では

見た目がオフロードチックで良い。

足が柔らかめで乗り心地が良い。

ボディ剛性高く18インチホイールなら見た目以上にハンドリングが良い。

Dsc02778

普通のミニバンでは走ろうとも思わないような悪路を簡単に走れる。

積雪がかなりあってもぐいぐい進んでいける。高速の雪道でも安定している。

パドルシフトでエンジンブレーキも自由自在。

Dsc02821

社外パーツが豊富でチューニングの楽しみがある。

モデルチェンジのスパンが長いので現行のまま長く乗れる。

簡単に駆動切り替えができ4WD走行時の安定感がある。

長時間運転してもそれ程疲れない。



ちょっと気になるのは

室内はミニバンとしては広いが先代と比べると小さくなった感はある。

もう少しリヤの荷室の幅があればよかった。

ガソリン車は低速トルクが欲しくなる時がある。踏むとエンジン音はやや大きめ。

車内泊にはマットが必須。

運転席側前方のピラーの視界が悪く右折時しっかり安全確認していないと怖い。

センターコンソールが邪魔に感じる。ウォークスルーの開放感が欲しい。

シートのアレンジはもう少し稼動域を増やして工夫が欲しい。

といった感じです。あくまで個人的な感想ですけどね。
実際乗っている人は欠点など気にならない程お気に入りだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

デリカD5 フロント、リアモノコックバー 取り付け

そんなにボディ剛性アップばかりやってどうすんねんと言われそうですけど結構安チューンで効果あるので
ちょっとずつチューンしたいなという事で数年後は何処までいってるかなと想像しているQ太郎です。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

補強も程々にという感じですが(笑)今回は下回りに取り付けするタイプの物です。

モノコックバー【フロント】ミツビシ/デリカD:5【型式】CV5W【年式】07/1〜

モノコックバー【リア】ミツビシ/デリカD:5【型式】CV5W【年式】07/1〜【注意事項】サブバッテリシステム搭載車装着不可

正直リア側はちょっと重いなと感じ、重量増な事ばかりやってますね。

下回りの作業になりますが、デリカは車高が高いのでジャッキアップせずに不要な段ボールを敷いてそのまま潜りこんでます。

こちらはリア側

リアはボディに既存のネジ穴を利用して取り付けします。

Dsc02535Dsc02537

下回りが融雪剤で腐食していたので車検時にディーラーにて下回りコートしてもらった
のですが、悪い事にネジ穴を狭くしてボルトをねじ込んでいくのは結構大変でした。

続いてフロント側

こちらは既存のねじ穴は無く、付属のパーツでフレーム内にメスねじを作成してボルト留めします。見た目はオーバルシャフトのタワーバーそのものです。

Dsc02543Dsc02545


がっちり取り付けされるのでそれなりに効果はありそうですが、先に補強をしている
事もあってちょっと感じにくいです。

道路のちょっとした凹凸(マンホール上を通過する等)でなんとなくしっかり感(どっしり感)のようなのを感じるぐらいですかね~。

Dsc02481

スリーボンド スリーラスター塩害用長期防錆コーティング クリア(厚塗り) TB6153C 480ml

取り付けしてから一応スリーラスター(クリア)でコーディングしましたけど、融雪剤でボロボロにならない事を祈ってます。

吸い込むと有害なので自分でスリーラスターを使用時は必ずマスクをして使用してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

デリカD5 ディーラーオプションその2 ステップマット

ディーラーオプション後付けステップマットです。

デリカオーナーさんは意外とオプションの類も気にしている方が多いとおもいますのでこれもアップです。

Dsc00195

リアスライドドアのステップ部に土などの汚れが結構つくので後から取り付けしてもらいました。

純正でなくても半額ぐらいで社外品が販売されていますが、やっぱりお金がかかっている分純正が良いと思う1品です。

マットの素材が樹脂製なので、布とは違い水分があっても、泥でも気になりません。
布は見た目の質感はいいのですが、水分吸い込んだりして跡が目立ちますし傷みも早そうですからね。

雨の日とかスキー場とか水や泥がついた状態で乗り降りすれば必ず汚れますから、最初からつけておいた方が良いかと思います。
車両購入時ならこれぐらいはサービスしてくれるかも。

Dsc02568

留め3つで簡単脱着できます。

Dsc02569

樹脂素材なので取り外して洗車場で水洗いするのも簡単。

初期のやつはデリカのロゴがあったようですが、無くなってしまったようです。
あっても良かったと思うんですけどコストの問題かな?

ご家族のいる方、後席によく人を乗せる方、アウトドアな方には使えるオプションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

デリカD5 ディーラーオプションその1 ラゲッジトレイ

特にチューニングでもなんでもないんですけど、後付けしたオプション類も一応パーツなので。

サードシートの下に敷くラゲッジトレイです。

Dsc02587

冬場のスキー場等、水分のついた荷物を積む機会があるのでディーラーさんにて取り付けしてもらいました。純正なのでサイズぴったりで見栄えがよいです。

このトレイを取り付ける時にまず気になるのは、サードシートのレール部分に穴を開けるかどうかです。

サードシートを使用せず、跳ね上げた状態にするか取り外すかして完全に荷室にするのであれば、防水や汚れの混入の面から見て開けない方がよいのは当然です。

が、基本は使えるようにしておくと思いますので、ディーラーさんに伝え開けていただきました。

Dsc02591

レール部分もバックリ開いている訳ではないですが、濡れ物を積むときはその部分を気にしておく必要はあります。

保管する場所がある方なら、目的に応じてサードシートを跳ね上げてトレイを敷くのがよいでしょうが、1軒屋で車庫が目の前にあるとかでないと面倒だと思います。

とはいえフロアマットの上に汚れた物を直接置くよりはマシなので、あんまり気を使わなくなって良いです。

サードシートを使用せずリアを収納にするようなアウトドア派には使えるオプションですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

デリカD5 センターフロアバーを取り付け

近所の周回コースでのロードバイクのトレーニングもそこそこになってしまってしまい、昨年末ぐらいと比べるとかなり周回ペースが遅くなっていて、何とかしなければとロード乗りの同僚さんとポタリング計画中です。

通勤とかならともかくトレーニングでは同じところをグルグル回っているので飽きてしまっているのも1つの原因で
ポジション調整とかパーツ交換後のテスト等、同じ条件下で乗るのは大切なんですが、まず楽しむ事が大事ですよね。

怪我をしたあと、しばらく筋トレも行ってないので、一度ペースを崩すと元に戻し難いですが少しずつでもやっていこうと思うQ太郎です。


いつも見てくださっている方、ありがとうございます。


さて今回はマイカーで部品取り付け
剛性アップばっかりやっていますが、やっぱり基本はボディ剛性だと思っていますので
(昔、ベストモータリングという車のビデオを見ていてボディ剛性という言葉がやたらと出てきていたから)

こんどはセンターフロアバーを取り付けしてみました。

フロアバー【センター】ミツビシ/デリカD:5【型式】CV5W【年式】07/1〜【注意事項】フロントシート後方フロアー装着

この手のパーツは比較的安いので手をつけやすいというのもありますが…

Dsc02487

フロントシートのすぐ後ろ、ボディの中間辺りに取り付けするタイプです。

Dsc02488 Dsc02489

こちらはリアピラーバーと同じでシートベルトのボルトに挟みこんで取り付けするので
取り付けは簡単でした。

Dsc02490

あんまり効きそうに感じない見た目ですが、それなりに効いてます。
昔スポーツクーペに同じようなフロアバーをつけてましたが、それはもっと太かったので効果がよく
分かりました。あんまり太くすると邪魔なのでこれぐらいの太さなんでしょうね。

Dsc02491

特に2WD(FF)で走っている時は信号待ち~交差点を曲がる時のような停止状態
からのカーブはググッと前に進みやすくなるのが分かります。リヤがそれほどもたつかないという
表現の方が正しいかな。ちょっと4WDの感覚に近づくような感じです。

もともと剛性はあるようですが、フロントとリヤの動く方向が違えば真ん中あたりはいくらかねじれるでしょうからね。

セカンドシートに座る人からは足置きにしか見えないようですが
実際セカンドシートに座ると足を置きたくなりますので、補強兼足置きという事にしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

デリカD5 フロントスピーカー交換作業

仕事がお休みの日に早速取り付けしてみました。
本格的なデッドニング等はしないのでいまいちかもしれませんが一応作業内容を。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。



ドアの内張りをネジを2箇所はずして内張りはがしでパキパキ剥がしていき
パワーウインドウ他のケーブル3箇所を外し取り去ります。

Dsc00204Dsc00192

ここに1箇所

Dsc00197

ドアノブの所にもネジがあります。

Dsc00198

内張りの隙間にレバーを入れてこじるとバキッと内張りの留めが外れていきます。
金属性のレバーは傷がつきそうなので避けた方がいいと思います。

Dsc00202Dsc00200

白いチョボみたいなやつが内張りを固定している留めです。

ここをめがけて内張りはがしの窪みを突っ込んでぐりっとすると効率的にはがれます。
留めを数箇所外して内張りがある程度浮いたら内張りを持って引っ張っても外れていきます。

Dsc00189

参考に簡易デッドニングキットについていた内張りはがしです。
先の窪んだ所に留めを入れてこじる訳です。

内張りをはがして防水シートが見えている状態。予算も抑えたいので、本格的なデッドニングはまたいつかという事でシートは剥がさずそのままいきます。
中に水滴が入っているのですが、デッドニングとかしたらこの水分はどうなるの?
とか見て思ってしまいました。

20130511_164646

純正スピーカーを外します。ネジ止めは無く、スピーカーを少し回すとロックがはずれて
すぐ外せます。

20130511_16471220130511_164747

デッドニング入門キット付属の下地処理剤(アルコール)で脱脂をしてから、
防振シートをドア内に貼り付け上から吸音スポンジを貼り付け。

アルコール無ければホームセンターで安売りしているパーツクリーナーでやります。

20130511_165921

20130511_16594120130511_170513

説明書どおりですが、スピーカー周りにも防振シートを貼り付けてアルミテープで処理。

20130511_17162120130511_172156

付属のスポンジを貼り付け、購入したブラケットを取り付け。

20130511_18292020130511_170736

スピーカーに接続するケーブル類(変換コネクタ、ネットワークまたはツィーターからの
ケーブル等)は忘れずにブラケットの溝にとおしておきます。

20130511_174510
20130511_180132

スピーカー取り付けます。スピーカーの表裏に付属のスポンジを貼り付けます。

20130511_182053

ブラケット取り付け時に通しておいた変換コネクタとネットワークからのケーブルを
接続してスピーカーを固定。変換コネクタを接続。

デリカの場合もともとトゥイーターの配線は別に来ているのでほかにちがう接続の
仕方があると思いますが、無難に説明書の標準的な接続でやっています。

20130511_18391720130511_184219


スピーカーまわりに音漏れ防止のスポンジを貼り付けし
とりあえずウーファー部は取り付けできました。

20130511_18423420130511_185754

トゥイーター部は純正の位置に取り付け。サッシュトリム?に穴を開けて純正のトゥイーター固定部品を流用して固定。

穴との隙間があるといやなので余ったスポンジで内側から隙間を塞いでます。

適当にやったから出来悪い…

20130518_15170620130518_151648

ネットワークはドアの内張りの中に両面テープで貼り付けしました。

とりあえず作業完了。ちゃんと音は出てます。

ナビ(パイオニアHRZ-900)のアンプに接続の為、店頭で聴いた2DINオーディオと比べる
とアンプの能力が劣り音の立上がりや音像が甘い感じもしますが、
まぁクリアで高音まできれいな音です。

しばらく使っているとトゥイーターのエージングが進んで高音の耳当りが良くなりました。

ネットワークはいろいろ変えて位相リバース、出力-1.5dbで使ってます。

リアスピーカーは交換作業の画像が消えてしまったので残念ながら掲載できず。
デジカメでデーターが消えた事なかったのですが、スマホは消えやすいのかな?

リアの方はブラケット加工とか取り付けに一手間あるので載せたかったんですけどね。

残念でしたが、スピーカー交換の模様でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)