カテゴリー「ビンディング、ペダル」の8件の記事

SIDIビンディングシューズ  TIMEペダル クリート

2013年6月22日 (土)

ビンディングシューズのTIMEクリート交換後

前回にクリートを交換してリフレッシュされているのですが、どんな風に変わったかという事で。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

交換前はロックは問題なくするものの、ちょっとグラグラしている状態だったのが
やっぱりカッチリとした感じで、しっかり感が復活しています。

前にクリートが新品だったときはペダルも新品でしたので、ペダルをキャッチしてからちょっとだけ踏見込む感じでロックするという感じでしたが、
今回はクリートが新品でもペダルの方が使い込んでなじんでいるのか、最初にビンディングを導入した時よりも
一段と簡単にロックされる感じです。足を置くだけみたいな。

これだけ簡単にセットできたら気持ち良いですね。

かなり擦り減った状態でもロックできるのは間違いないですが、見た目でボロボロになって
きたら単純に交換時期だと考えていいと思います。

Dsc00048_2

基準をつくるとしたら、ある程度減ると中の芯みたいなのが見えてくるのでそれが見えてさらに削れたら交換という事になるかと。

使えるなら無理に交換する必要はないですけどね。

一番つま先側に取り付けしたクリートの位置はやや違和感があったので、もうちょっと下げてみます。

TIMEクリートは固定しても左右にグリグリ動かせるので、よさげな所をみつけつつ、つま先の向きを少し外側に調整してみようとも思いました。

出先でシューズを履いたままちょこちょこ歩いていたので、クリートの状態を確認。

Dsc00127 Dsc00128_2

そこそこ歩いたけど、普通の平地なら引きずったりしなければこんなもんです。右は以前の減ったやつ。

今回購入したやつは減りにくくなってますと謳っているものなので減りにくくなったのか
以前のやつも減りにくいやつだったのか、全く分かりません。

少なくとも急坂を歩いて上るとか酷使しなければそこそこ長持ちしてくれそうです。
できるだけ大事につかいます~。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

ビンディングシューズのTIMEクリートを交換します。

最近体調もよくなってきて、これから何をしようかとあれこれ模索しているQ太郎です。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

今回はかなり擦り減ったクリート交換をしてみようという事で

交換前のクリートの状態。結構ボロボロに見えます。特に先の方が減っているようですね。

Dsc00002

暗峠行った後に極端に減ったのでちょっと減り早いかな~と思ってしまいましたけど。
急坂を歩いて上ったりしたので仕方ないかも知れませんが。
落車した時にビンディングシューズのままあちこち歩いていたので余計に減りました。

Dsc00128

減りが早いのかどうか、途中で改良されて減りにくくなったという事ですが、自分のクリートは海外通販で購入した
TIMEペダルに付属していたものなので改良前後どちらのものかは判りません。

この状態での装着感はというと、これでちゃんとロックは出来ますが、最初の状態と比べると
カチッとした安定感が無い様に感じてきたので交換してみようと思いました。

購入したクリート。見た目では今付いてるものと、どこか違うようには見えません。

Dsc00031 Dsc00040

【TIME】 タイムICLIC CAFE CLEAT NEW  アイクリックカフェクリートNEW

前は付属していなかったような?シューズとクリート間のスペーサーが付いていました。

Dsc00044 Dsc00041

とりあえず交換です。ネジのmaxトルクは4N.mと説明書に載ってます。

クリートの位置ですが、最近ロードの後ろの方にのるポジションにしてほぼ決定しているのでとりあえずつま先側に取り付けしておきます。

Dsc00046

ペダルが遠くなっているからという単純な考えです。
一番前側に取り付けしました。ここから少しずつ動かして最終決定します。
ここからだと一方向にしか動かないので、変に真中についているよりは分かりやすいかと。

小さいQマークが内側か外側かでQファクター調整可能ですので狭い方で取り付けしてます。

同じ物をつけているので当たり前ですが、クリートとシューズの隙間は無かったのでスペーサーは必要なしでした。

Dsc00050

新旧、並べて見ると結構な差です。

Dsc00048

かかとの方も減りつつあります。

Dsc00025

交換後の変化の程はまた乗ってから書いてみますね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

ビンディングシューズのクリート位置調整②(TIMEクリートは減りが早い?)

少しずつ位置を変更してみようと思い

前回は5mm程かかと寄りに動かしたので、一度に動かしすぎかと
今回は2mmつま先寄りに戻してみました。

Dsc01691

角度は単純に外股か内股になるのですが、廻すセッティングは外側
に向けるようなので試しに少しだけ外側にしてみました。

Dsc01689

乗ってみた感じでは前後の位置はそれほど違和感は無いのですが
ちょっと外向きにしているのが原因なのかどうか分かりませんが
前より力を入れにくいような気がしました。

どっちかというと重めのペダリングをする方なので
やっぱり踏み込みには内向きがよいのか?

と思い今度は内側へ向けてみましたが、クリートを固定していても
足が動きたがっているような感じなのでやっぱりヤメ。

どんな変化があるかとりあえず試してみたかったので
角度も変えてみましたが、癖のある足(極端なガニ股、内股)とか
よほど走るステージがはっきりしているような人でもない限り角度は
標準で良いような気が。

それ以前にガチガチに固定されるペダルなら別ですが
TIMEのペダルは足を固定した状態でも左右に動くので
角度が必要になればその時に勝手に動いてくれるでしょう。

私のような一般的な足でビンディングペダル初心者は
とりあえず前後位置だけしっくりくる所に変えている方がよいかと。

結果
前回の位置の方がなんとなくしっくりくるので、前後位置を1mmかかと寄りに
戻して、角度標準で使用する事にしました。

Dsc01697

乗った感じでは特に違和感も無かったので、位置的にはしばらくこれで
いこうと思います。

が、しかしセッティングとは全く関係ないのですが、先日暗峠に行った時に
クリートがかなりボロボロになってしまいました。

Dsc01772

急な坂道をロードを押して登ったので仕方ないのですが
結構減るのが早いのか、ほかのクリートを知らないのでよく分かりません。

上りで歩いた距離はせいぜい200m程だと思います、急な上りで歩くと前の方がガリガリ削れるのは当然といえば当然ですね。

歩くならクリートカバーをつけなさいという事です。

表面の皮膜の所が柔らいようで、その次の層はもうちょっと固そうです。

この状態でもロックは問題なくされるので、まだ使用は可能です。

どのぐらい減ったら支障が出てくるのか、また交換時にでもアップしてみます。

万能さでいうなら以前のストラップペダル+スポーツシューズが最強かも?
なんて思ったりしました。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

ビンディングシューズのクリート位置を調整

先日初ビンディングペダル、シューズを使用してみて少し気になった所を
調整してみました。

ペダルのセッティングといえばまず拇指球辺りでペダル軸を踏むように
調整するのが基本みたいなので

つま先寄りで踏んでいる状態になっていたシューズのクリート
の位置をかかと寄りに移動させました。

Dsc01634

お尻がサドルの後ろの方に行きたがっていた感じがあったのですが
つま先寄りで足を固定していたからそれが原因かなと。

サドル高はちょっと高めた方がいいのかなと感じ685mmにしてみました。
股下76cmからすると高すぎかな?とも思えますが、ペダル、シューズ共に
変わると靴底の厚みも変わるので違和感あれば乗りながら変更します。

まっ、とりあえず乗ってみましょう。

最初のうちはそれほど変化を感じませんでしたが
しばらく乗っていると太ももの筋肉にかかる負担に変化が感じられ

前は太ももの前側の筋肉に(特に膝に近い方)負荷がかかって
ちょっとしんどかったのですが、それが無くなって太ももの筋肉が
バランスよく使えているように思います。

サドルを少しだけ上げているのも違いを感じ上げ気味の方が
踏むのでなく回すという意味ではスムーズ、下死点を通過する時に
抵抗無く回っていきますね。

風向きも前回と同じなので、とりあえず同じ直線で最高速を計測
55.65km/hでたので2.5km/hほど上がってました。

ダンシング時はやっぱり力が逃げるというか、ストラップペダルの
時より進みが悪いような感じで、ペダルの踏み面の影響なのか?

TIMEは脱着は文句無しにしやすいですが、トルクをかけるならシマノのような
踏み面が広いやつの方がいいのかな?
実際使ってみないとなんともいえませんが…

それとも逆にストラップペダル+スポーツシューズの時より力を伝える効率
が上がってホイールがグニャッとなり前に進んでいないのかも。

クリート位置は少しずつ動かすのが基本のようですが
今回はざっくり5mmは動かしたのでちょっと極端かも知れません。

回すなら外向き、踏み込みなら内向きとか調整基準も色々あるようで
また角度等も含めて微調整してみます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ビンディングペダルを使ってみての感想(TIME ICLIC2 CARBON タイム ICLIC2 カーボン)

ビンディングペダルとシューズが揃ったので試乗してみました。

ペダルに足をセットする練習から始めましたが、すぐに慣れました。
TIMEのペダルは脱着しやすいのが売りのようですが、本当にそう思います。

Dsc01630

足を置くとすぐにロックされます。ペダルがどの位置にあっても
ペダルをキャッチできればカチッとつかんでくれます。

たまにカチッという音がしない(聞こえなかった?)時がありましたが、
ちゃんとロックはされていました。

外すのも簡単でかかとを外側にひねるとパキッと外れます。
緊急時のようなとっさな動きをすると外れるというのも確かにそうで
ペダルをつけたまま倒れそうになった時に、もがく動きをしたら外れました。

ペダリング時に左右の足の動きに余裕があるのも確認済みです。

どうでもいい話ですが、ペダルを取付ける直前まで
このペダルの先のとがった方が前に来るとは思ってませんでした。

Dsc01631

で、TIMEペダルの説明はこれぐらいにして

初ビンディングペダルでしたが、全く不便だとは思いませんでした。
足が固定されるという所では、ストラップと同じなので
正直ストラップとあまり変わらないなぁと思ってました。

引き足もストラップでもできるので劇的な変化は感じず。

しばらく走っていて感じたのは、ストラップの時のように
ダンシングでグッと加速する感覚が少なくなったようで、
逆にシッティングで足を前に押し出す感じでペダルのケイデンスをあげて走ると
ストラップより速度の伸びがよくなったと思います。
最近いまいち調子の悪かった平地最高速アタックで一応53.13km/hでました。

Dsc01632

ペダリングの効率が上がって無駄な力を使っていないからなのか?

ダンシングでストラップほど加速を感じなかったのは
ペダルの踏み面が小さくなったからか?

初乗りでクリートのセッティングができていないのもあると思うので
まだ何ともいえませんが、一休みした時にクリート位置を確認すると
拇指球でペダル軸を踏めていないようで調整してまた乗ってみます。
(指を指してるあたりにおそらく拇指球があります)

Dsc01633

ペダルとシューズが変更されているので、サドルの高さも関係してくるし
またしばらくセッティングのお時間ですね。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

ビンディングシューズを購入。SIDI シディー ジェニウス5プロ メガ

ビンディングペダル導入に伴い、ビンディングシューズも購入です。

いつもは通販でお買い物している私でもさすがに靴だけは
店舗で試着して購入しないとダメだと思い、大阪では結構有名なお店に行ってきました。

ペダルについてはある程度検索して調べていたのですが、シューズについては
ほぼ無知なままでお店へ。

普段の靴のサイズは革靴で25cm、3E~4Eの幅
スポーツシューズで26cm
幅広、甲高で日本人に多い足の形です。

個人的にはフィジークのR3 ジャポネーゼフィット というシンプルなデザイン
のやつを広告で見ていたのであったら履いてみようと思ってました。

実際置いていたので履いてみた所、幅広な私の足でもそれなりに大丈夫ですが
試着したのは42サイズ(26.5cmぐらい)なので前後の長さが余り
つま先部分の空洞とかかとのフィット感がいまいちで41サイズの在庫がなくヤメ。

店員さんのオススメではシマノのワイドかSIDI シディーというメーカーのメガ
というシリーズが幅広な足に合うとの事。

SIDIの41.5(25.75cm)サイズを出してくれたので履いてみると
幅、長さ共に無理なく特にかかとのフィット感がよく浮き上がらないので
全く意識していなかったメーカーでしたが、靴は履きごこちで選ぶ物
これに決めました。予定していた予算より安く購入できたのでよかった。

Dsc01621

41サイズでもいけそうでしたが、薄い靴下を履いての試着でしたので
ギリギリはやめてほんの少し余裕を見ています。

Dsc01622

よく紹介されていますがストラップの内部にズレ防止がついてます。

Dsc01626

手前のストラップはラチェット式でカリカリ締める事ができます。
外すのも赤い部分をつまんで持ち上げるとワンタッチ。

Dsc01627

かかと部分のホールドをアップする為、カップがついています。
これは結構効いていると思います。

Dsc01628

インソールは薄め、土踏まず当たりはそれほど盛り上がってません。
(他のビンディングシューズを知らないので、一般的なソールと比較してですが)
Dsc01629

裏面、ミレニアム3ソール、ナイロンとカーボンの混合素材。
早速TIMEのクリートを取り付けしています。

Dsc01623_3

取り付けネジはSIDI説明書によるとM5 9mmで取り付けとなっています。
でもクリートについていたのは8mmでした。
とりあえず付属のネジで取り付けしています。取り付けトルク 3.5-4.5N.m

Dsc01624_2

TIMEのクリートには方向性があり、プレート(画像上側ネジ部)の
右下にある「Q」のマークを靴の内側、外側どちらにもっていくかで
Qファクターを調整するとの説明です。

他、説明書にはクリートに「R」の文字があってそれが通常拇指球
の位置になるとの記述ですが、「R」の文字は見当たらないのですが…
他の皆さんはどうなんでしょうか?

Dsc01625

まだ何もわからないので基本的なセッティングで取り付けしています。
ペダル、シューズとも準備できたので次回は乗ってみて感想を書きます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

ビンディングペダルを導入します(TIMEタイム iCLIC2 CARBONカーボン)

セッティングも落ち着いて普通に乗れるようになったので、以前より検討していた
ビンディングペダルを導入してみようと思います。

今はというとペダルの記事で紹介しているストラップ付ペダルで
のっています。

Pedal1

これでも足が固定されるという意味ではビンディングペダルと同じで
それなりに引き足も使え普通の靴で乗れる為、安い割には結構使えます。

気軽に乗れて便利さでは、ほかの種類のペダルに勝ると思いますが
ペダリングの効率とかいうお話になると、それに特化したものには
かなわないかも知れません。

特にスポーツシューズで乗ると靴底やインソールのクッション性が高い
のでトルクをかけるようなペダリングになるとロスが大きいのは否めず。

そこで今回導入に踏み切ってみました。

ペダルも種類が多くて選ぶのにはかなり迷い
信号や車の少ない地域なら踏み面が広く、剛性が高いといわれる
シマノ辺りの物がよさそうですが、

信号も車も多い地域なので、脱着が比較的簡単にできるといわれている
TIME i-CLIC2 CARBON ペダルをおなじみ merlin cycles で購入しました。

すっかり常連になってます。せっかくなので何回か利用したレビューを記載。

注文してからの対応も基本当日で早ければ2時間後ぐらいには発送の
連絡が来るので、個人的に安心して使ってます。

荷物追跡番号もその時に記載されているので、追跡も可能。
安い便でくるので届くのにそれなりに時間がかかる時もあります。
私の場合発注から最短5日、長いときで2週間でした。

金曜日の夜に注文すると運送便が土日お休みなのか、届くのが
遅くなるように思います。
英国とは別の地域から届く事もあるようですが、私は全て英国から
とどいています。

Dsc01602Dsc01605

でもいつもながら小さい部品を注文するとパッケージがないんですね…
箱があるとかさばるので、送料5ポンドでは仕方ない所かと
別に必要ないので良いですが。

Dsc01612Dsc01620

説明書は日本語訳部分もあったので、輸入する人には助かります。

Dsc01613Dsc01615

サイトの写真で見ていたイメージより実物は小さいと感じました。

必然的にビンディングシューズも購入しなくてはならないので
結構コストがかかりますね。

専用シューズで乗るというのがロードの敷居を高くしてしまいそうで気になる所
ですが、それに見合う効果があるか?ストラップより変更した人でも効果を実感
できるか?試してからまた感想を書いてみます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

ロードバイクのペダル POWER GRIPS ストラップペダル

ペダルについて気になる所で

ビンディングペダルは結構気になっているのですが、専用の靴を履く必要があるので
いまいち導入に踏み切れないですね。

私が使用しているのは、ロード購入時にJensonUSAで一緒に購入した

Pedal1

POWER GRIPSというストラップ付のペダルです。

足は固定した方がペダリング時にスカをくらったりしないで安心と思い最初からこれをつけています。




Pedal2


ストラップはねじ止めで長さが調整できます。







Pedal3

足を入れづらいと思われるかも知れませんが、

ペダル前面におもりのプレートがついていてストラップは常に前に倒れた状態になっている為、つま先でペダルを起こしてストラップにスッと足を入れます。




Pedal5kakou
足を入れたらちょっと外側へ足をひねるとベルトが絞まって固定されます。

慣れれば感覚だけで簡単に足をいれる事ができます。






ペダルの回りが一般的なものより軽いと思います。
おもりでストラップを倒れた状態にするのですから、その辺りはちゃんと作ってますね。

唯一の欠点はやや重いという事ぐらいですか、ペアで500グラムです。

最近はPOWER GRIPSのベルトの部分だけの販売もしているようですね。

ロード輸入時にサイトで見つけて購入したので、なんとも思わなかったのですが
結構マイナーなんですか?

ビンディングペダルとどれぐらい差があるのかな?

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)