カテゴリー「ホイール」の15件の記事

2013年8月16日 (金)

ホイールWH-R500を普段乗り、トレーニング用に復活させました。

やっと自主計画のメンバーポタリングが実現したという事で、やる気になっているQ太郎です。

トレーニングももっとやりたかったのですが、休日に整体(カイロプラクティック)治療に継続して行っているので
あんまり乗れなかった(基本は頚椎とか骨を触ったら当日は安静ですから)というのもあり、最近はやる気がなくなる一方でした。

痛みはないのですが、首や背中を前に倒すと後遺症というか治りかけになる?と聞くジーンと身体をはしる
感覚が気持ち悪くて前傾するロードにはなかなか乗りづらかった。
というかその状態では1人ポタが不安だったのもありますけど…
そのうち症状も消えるとの助言をいただき最近はもう開き直ってます。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

さて以前より考えていたのですが、普段トレーニングでロードに乗る際にもろに消耗していく
パーツはできるだけ抑えたいなぁ~という事で用途によりホイールを使い分ける事にしました。

チューブレスで修復不能なパンクを早速経験してしまったので、それが偶然とはいえクリンチャーのほうが
最悪の事態は回避できるのも理由の1つ。

Dsc00252

フルクラムレーシング1のタイヤをチューブレスに変更してクリンチャーのミシュランPro4が使えるようになったので、それを取り付けして使用します。

Dsc00254

もちろんタイヤだけ付けても使えないので、余っているスプロケットをセットして
簡単に入換えできるようになりました。

タイヤ、ホイール、スプロケットは2つあっても使えるので、買い換えても
他の部品よりは無駄にならないですね。

トレーニングという意味ではとくに軽量でなくても大丈夫。


もともと付属していたものなのであまり気を遣わなくていいのもポイントです。

なんて言っていると買い換えずR500で良かったんじゃないの?とかいうお話になるので
すが、ホイール交換の意味は軽量、剛性アップ等あるので、それとはまた別のお話でトレーニング的な意味です。

アルミスポークの寿命はあまり長くないのは事実みたいなので
上りのある場所とか数人で走るような負けん気(見栄?)のでる時はフルクラムを使います。
でもちょっとしたポタリングならR500でいくかもですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

フルクラムレーシング1セラミック化のその後

セラミック化してから結構時間が経っているなぁと思いつつ、やっぱりカルト的内容で
感想しづらいかなというQ太郎です。

いつも見てくださっている方いらっしゃいましたら、ありがとうございます。

以前ベアリング玉のセラミック化とクライトックスフッ素グリースのチューンを
してみてからの感想になります。

Dsc02230Dsc02189

それほど変化が無いかなという所があるのですが、冬場でグリスをそれなりに詰めて
いたのもあって、しばらく乗ってみてからと思っていたので

まず空転のさせた時の止まるまでの時間はほぼ変化が無く、あれ?止まらないぐらい
廻るのでは無かったのかと思い

でも実際乗ってみるとやっぱりなんか違う感じがします。

平地を流している分には、なんとなくスムーズに感じる程度ですが上りの時に
重めのギヤでダンシングで上るとちょっとダイレクト感があるというかしっかりしたような
印象でした。

Dsc02741

最近は気温が上がってきたのもあるのか、よりスムーズに廻るように感じます。

何より気になるのはチューニング後からフルクラムのラチェット音が大きくなり
さらに少しづつ大きくなってきている事ですね。

脱脂が足りなくて浸透していなかったのかな?

下手にフッ素系のグリスを使うよりは単純に粘土の低いロード用の物を使った方が
良い様に思ってきました。

家のカギの開閉が固くなったのでそこに購入したフッ素グリスを塗ると未だに
スムーズだったりするのでグリスが悪い訳では無いと思いますが、用途によりけりかなと。

グリスの変更も考えながら、さらに経過を見てみることにします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

フルクラムレーシング1セラミック化(セラミックボール組み付け)

さてさて分解、清掃作業が終わってやっとセラミック玉を組み付けしていきます。

台座の部分はそのまま使用してセラミック玉を入れてます。手で簡単に入ります。
この台座がプラスチックなので負荷をかけるとセラミック玉が固くても台座が変形しそうですけど。

Dsc02230

とりあえず組み付けていきます。

デュポン社のクライトックスグリースを塗布するわけですが、もともと入っていたグリスより
粘度が高いようですね。

Dsc02231 Dsc02232

セラミックはグリス無しでもいけるとか?というかそれがメリットなのではないかと
思いつつグリスを塗ってます。

Dsc02233 Dsc02234

ベアリングをハブにいれてさらにグリスを入れてます。あんまり入れたくないけど。

Dsc02235 Dsc02236

シールドを被せて(外周を軽く押すとはまります)軸を挿し

Dsc02237  Dsc02239

玉押さえ,スリーブ等の部品を取り外した逆の手順で取り付けしていきます。

  Dsc02238Dsc02240

玉押さえ調整のプレートも入れていきロックします。最初に緩めたフタも入れて

Dsc02241Dsc02242

両方の穴に六角レンチを挿してがっちりとロック、最後に玉当たり調整をして玉あたりのプレートを
六角ネジを締めてフロント完了しました。

Dsc02243 Dsc02244

一応元の形になってますね。

Dsc02245

続いてリアもやっていきます。同じようにベアリングをいれてシールドをかぶせて

Dsc02285 Dsc02286

フリーハブ側も同じようにベアリングをいれシールドをいれました。ちょっとグリス多いのかな~?
まぁしばらくしたらなじんでくると思いますが、少なすぎるよりはいいと言う事で。

Dsc02287 Dsc02288

フリーハブのツメを取り付けして輪っかのバネで固定。コツが分かれば簡単です。

Dsc02294 Dsc02296

フリーハブの受け側にグリスを塗りました。フリーハブに軸を通して固定するネジを仮止め

Dsc02298 Dsc02299

受け側とドッキングさせました。反対側から軸が出てきたので玉押さえとスリーブを入れ

Dsc02300Dsc02302

玉当たり調整のプレートを取り付け軸のフタを取り付けます。

六角レンチで左右を固定してフタをロック、六角レンチとスパナかメガネレンチでフリーハブの
仮止めしていたナット部をロック。

Dsc02303 Dsc02304

最後に玉当たり調整をして玉当たりのプレートを六角ネジで固定して完了。

Dsc02305

リアホイールも完了しました。後はスプロケットとクイックレバーを取り付けてロードに装着ですね。
結構時間がかかってしまったが、壊すことなくもとの姿にもどりました。

Dsc02306

ロードに取り付けして空回ししてみた所、ホイールが回っている時間は前と変わらずでした。

やっぱりグリスの粘土と量の方が関係あるのでしょう。特に無負荷状態で回っている時なんかは。元のグリスは結構柔らかかったので、そういう結果となっています。

フリーハブのラチェット音はフッ素グリスだと小さくなるというのを見た事がありますが、はっきり言って以前より大きくなってますが、Q太郎のメンテがいまいちなのか?グリス足りないのかと思って追加したぐらいですから。

分解と玉当たり調整、ついでに洗浄剤でリムとスポークも綺麗にしたので、完全リフレッシュ、気分は良い感じです。


感想はまたしばらく乗ってみて書いてみようと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

フルクラムレーシング1セラミック化(ハブパーツ洗浄)

とりあえずハブの分解ができたので外した部品を洗浄しました。

コーナンプロで買ったパーツクリーナーで洗浄してます。

Dsc02225

バケツに入れて洗ってます。最後は食器洗剤とスポンジでゴシゴシ洗いました。

Dsc02226  Dsc02228

ハブボディもきれいに洗浄します。

Dsc02227

フリーハブはベアリングが入っているので派手にパーツクリーナーで洗浄というのは
まずいかと思いクリーナーを少しずつかけてふき取っていきました。

Dsc02289 Dsc02290

ツメも外して洗浄、このバネというか輪でツメが固定されています。

Dsc02291  Dsc02293

リアの部品も洗浄できました。ハブボディの画像撮り忘れてましたがグリスがタップり
なので面倒でした。

Dsc02297

次回はセラミック玉を入れて組み付けしていきます。

Dsc02246

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

フルクラムレーシング1のセラミック化(リアハブ分解)

さて前回のつづきで今回はリアホイールのハブを分解していきます。


Dsc02247

工具を使ってスプロケットをはずします。

Dsc02248 Dsc02249

ロックリングが外れるとスプロケットが抜けます。フリーハブにスペーサーが入っています。

Dsc02250 Dsc02251

軸に六角の穴が開いているのでそこに六角レンチを挿して固定して

Dsc02252 Dsc02254

反対側のナットにメガネをかけて緩めてます。フリーハブと反対側から緩みました。

Dsc02255 Dsc02256

フロントと同じように玉あたり調整のプレートを六角ネジを緩めて外します。

Dsc02257 Dsc02258

軸を抜いていきます。フロントと同じくスリーブと玉押さえがあります。

Dsc02259 Dsc02260

フリーハブと反対側はフロントと特に変わらないですね。

Dsc02263Dsc02264

シールドとベアリングをとりました。

Dsc02271 Dsc02273

フリーハブ側はこんな感じです。フリーハブの方から緩んでくれたほうが良かったんですが…

Dsc02265 Dsc02266

玉押さえが軸に付いてきたので取っておきます。ベアリングのシールドも取り外しました。

Dsc02267 Dsc02268

ベアリングをとりました。

Dsc02269 

フリーハブをシャフトから外そうとしています。軸に六角レンチを入れて固定し外側のネジを緩めます。最初からこっちでやっていたらよかった。まぁ結局は同じことですが

Dsc02275Dsc02276

こういう構造です。スリーブがあるので外しておきます。

Dsc02277 Dsc02278

軸とフリーハブを分離できました。シールドベアリングが入っています。
これも変えたら軽くなる?

Dsc02279 Dsc02281 

フリーハブのツメの部分、うまいことツメを固定できているなぁと思いました。

Dsc02282 Dsc02283

リアハブの分解もとりあえずできましたので、次は洗浄とかやっていきます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

フルクラムレーシング1のセラミック化(フロントハブ分解)

ウインタースポーツ時期はそっちにお金と時間を使ってしまうので、あんまり高い部品も
買ってられず、とうとうお安いカルトチューンに手をだしてしまったQ太郎ですが

さてどの程度手間がかかるかと思いつつハブをばらしていきます。
まずはフロントホイールから

ホイールを外して

Dsc02185

ハブを確認。玉あたり調整のプレートがついています。

Dsc02186Dsc02187

左右の軸内に六角レンチを入れ片方を動かないように固定してもう片方を回すと
シャフトの頭の部分がとれるようになっています。
かっちり締まっているのでまわす時に結構力がいるので不安になりましたが、正ネジ方向でまわすと
大丈夫です。
思っている方と逆側から外れる時がありますが問題ないです。

Dsc02194 Dsc02195

こんな感じで軸部分よりはずれます。

Dsc02196

先に外しておいたほうがよいかも知れませんが、ここで玉あたり調整のプレートを
とりはずしてます。六角レンチで固定するネジを緩めてプレートをまわせばはずれます。

Dsc02197 Dsc02198

こんな感じではずれます。

Dsc02199

スリーブみたいなやつが付いているので外しました。

Dsc02202 Dsc02204

つづいて軸を抜いていきます。

Dsc02205 Dsc02207

抜けるとこんな感じです。

Dsc02208

玉あたりの押さえがあるので外します。これがベアリング玉に直接あたってます。

Dsc02209 Dsc02210

白いシールドの部品があるのでこれを外します。精密ドライバーのマイナスで
少しづつはずしました。

Dsc02211 Dsc02213

ベアリングが完全に見える状態になりましたので取り外しました。

Dsc02214 Dsc02218

特に汚れもなくきれいです。この台座についている玉を交換するわけですが
オーバースペックと言われるように精度はそれほど要求されないかもですね。

Dsc02219 Dsc02221

玉は簡単に外せます。台座の部分はそのままつかいます。

Dsc02222 Dsc02223

とりあえずフロントはばらせたので次回はリアホイールをばらしていきます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

フルクラムレーシング1のセラミック化をやってみます

結構お久しぶりな感じになってしまっていますが、日帰りでスノーボードに行くと
疲れて他の事ができなくなってしまう所が体力なくなったな~と感じるQ太郎です。

いつも見てくださっている方、いらっしゃいましたらありがとうございます。

さて長いこと更新できていなかったのですが、空いている時間で少しづつ調整と
お安いチューニングを行っていました。

カルトチューンとよく言われているセラミック化を今回はやってみようと思い
定番ですが舟辺精工さんよりセラミックボールを調達しました。

Dsc02188

レーシング1は前後あわせて60個必要なのでちょうどの個数で購入。サイズは画像のとおり5/32というサイズです。

あわせてこれも定番なんですがデュポン社のクライトックスグリース。
セラミックと相性が良いといわれているフッ素系のグリスですね。

Dsc02189

自転車のベアリングのような玉当りでは柔らかめの普通のグリスのでないと特性が
合わないという事ですが、よくわからないので定番で購入しました。

交換している記事はよく見かけるのですが、結果どうだったのかの詳細まで
書いてくれているのはあまり見かけないので微妙なところですが

5000円ちょっと+自分の手間だけで出来るお手軽チューンという事でやってみます。

レーシング1を購入してからハブ周りをばらした事がなかったのでハブメンテも
兼ねてちょうどよい機会です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

ホイール交換後しばらくして(Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1)

すっかり寒くなりロードに乗る頻度が減っていますが、早く冬もんのウェアが届かないかと待っているQ太郎です。いつも見て下さっている方、いましたらありがとうございます。


しばらく乗ってからでないと自分なりの感想でもちゃんと評価できないと思ったので第2回目の感想です。
初ホイール交換ですべてR500から交換でのお話になります。

あくまで素人意見ですのでご参考程度で

最初はあんまり感じなかった漕ぎ出しからの軽さを感じるようになりました。

ある程度は慣らしが必要なんでしょう。新品状態で空回しした時に回っている時間がR500とそれほど
変わらなかったのでちょっと渋かったのか?今は空回しでもよく回ってますよ。

Dsc01913

普通に平地を乗っていて何より感じるのは高めの巡航速度を維持しやすいという事でしょうか。
最初は使いこなしも全くできていなかったので変化も感じにくかったのですが
ダンシングで初期加速してから35km/h付近でシッティングにするというのをやるようになってから
少々走る環境が変わっても(向かい風とかちょっとした上り)30km/h以上で走るのが普通になりました。
楽になるのもありますが、速くなるともいえるでしょう。

進むのが速くなると走る距離(走ろうと思う距離)が長くなっていきます。

Dsc01917

剛性が上がった事でダンシングのタイミングをつかめるようになったというか効率のよいダンシング
を出来るようになった。ダンシング時に引き足を使える感覚になったのはペダルを踏んでから加速するまでの
タイムラグが無くなったからだと思います。要するにレスポンスがいいんですよね。
たまに練習コースで計測しているトップスピードはわずかですが上がりました。
55km/h→57.98km/h 

乗り心地は今でも硬いとまではは思いませんね。しっかり感があるとは思います。乗り心地に一番影響ある
のはタイヤとフレームではないでしょうか?
ミシュランPRO4は乗り心地がいいし、フレームもコンフォートモデルなのでそういう結果となっています。

Dsc01916

一番語りにくいというか評価しづらいのが平地に住んでいる故の上りの無さで、最近自分から上りの
ある所に行ってみて、楽になったと感じるのは、上りに進入した後に速度が落ちてダンシングメインに
なった時に楽に感じた。体重を利用してペダルを踏むとへばってても何とか上れる。
力の効率が良くなった分、足を休ませながらだましだまし上る事ができるのでやっぱそこそこ良いのではないでしょうか。

普段ヒルクライムしていない人でも一応高野山を上っていけましたから。

Dsc01860

あとはどれだけ頑丈かとか耐久性の問題になりますが、それはまだまだ先?であって
欲しいかも…基本休日ライダーなので。路面状況が悪い所でガンガンショックをくらって
ますが、今のところ変な振れとかも無くとりあえずいけてます。


あと欠点という程ではないですがいい事ばかりでも参考にならないので

替えてから1つ気になってきたのはホイールの影響かどうかはっきりとは分からない
のですが、ちょっと膝への負担があるような、100km程のるとちょっと膝が痛む感じが
あります。(初心者レベルですけど)進むので重めのギアで踏みたくなるからかも?

Dsc01914

常にペダルを廻している。高めの速度を維持できるが廻しつづけないと速度が落ちるのが早く感じる。

ちょっとした距離の上りでは平地から高い速度で進入したあとR500の方が楽というか
勝手に上ってくれている時間が長く感じた。重さがあると進んだあと止まるまでの溜めのようなものがあるのか?
進む勢いが無くなった後や長く続く上り、急な上りは軽いレーシング1が楽に思う。

アルミスポークはおいしい時期が短いとかよく言われています。
ダメージをくらうとスポークが折れやすいとかも言われているようなので
その辺りで選ぶならちょっと重くてもレーシング3の方が良いかも知れません。

Dsc01918

海外通販MerlinCyclesで5万程度で購入しているので費用対効果では良いと思うが、これが10万近くとかになってくると微妙。

Fulcrum - Racing 1 2-Way Fit 2013モデルは国内外の価格差が少し小さくなっているように思う。
スポーク、ニップル、クイックレバーが軽量化でチューブレスタイヤ使用時に空気漏れしにくいリム設計、ラージフランジとか新技術を採用しているので、不具合が無いか様子を見てアフターサービスのしっかりした店なら長く使う事を前提で国内で買ったほうが良いかも。長く使う価値があると感じているという事です。海外通販の場合はレーシングzeroとの価格差が小さいので思い切ってzeroでもいいかも知れませんね。

トレーニング的な普段使いではちょっと高くて気を使う。

レーシング0相当のセラミックベアリング化をやりたくなる。

といった所です。

他の有名なホイールがどんなものなのか気になる所ですが、初心者レベルでは交換して満足しています。


ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

ヒルクライムとはどんなものなのか?暗峠(酷道308)に行ってみた

普段は平地ばかりなのでどこかヒルクライムしに峠に行ってみようという事で

酷道と言われている国道308号に行ってみました。
まともに上りを走るのは初めてとも言えるのですが、一体どんな所なのか

走りなれた大和川沿いを通ってとりあえず出発

Dsc01698

ホイールを変えているので楽々と進んでます。
35km/hぐらいで普通に走れるのでやっぱ効果あるなぁと思いつつ

石川サイクルラインの所まで到着

Dsc01701

東高野街道の方を通って北上しましたが
途中で商店街に入り込んでしまいました。普通の外環状線にしとけば
良かったなと

Dsc01704

方向オンチなので仕方が無いですが
スマホのナビを時々チェックしながらさらに進んで行き途中行き過ぎ
戻ってきて国道308号線の看板を発見。見落とす所がまたいけてない。

Dsc01706

そのまま道なりに進んでそれらしき風景になってきました。

Dsc01708

この辺りまではまだ普通に上っていけたのですがしばらく走っていると
何だこの坂道はとすぐに酷道と言われる意味がわかってしまいました。

Dsc01710

この坂道を一度も足を着けずに登る人がいるというのだからすごい
です。ヒルクライム自体が初めての私には到底無理な事でした。

エネルギーを補給しつつ、さらに進んで行きますが、もはや普通に
上る事など不可能。心拍もすぐに上がってしまってゼイゼイ言いながら
上っては休みの繰り返し、ろくに写真を撮る余裕も無い

Dsc01711

看板が所々にあります、どこまで続くのか感覚が無いので余計つらい。

トリプルのインナーローでも全く無理でした。
以前スプロケットを12-27から11-23に替えてるのですが、替える前どこで使えるんだと
思っていたフロント30Tリア27Tはここでなら使えたかなと、戻しておけばよかった。

前輪が浮きそうになる時がありましたが、さすがにウイリー落車まではいきません

蛇行しながら上ってみたりダンシングで上ってみましたが、ヒルクライムのスキル
自体無いのでもはや焼け石に水。

上りのダンシングの技術も無くギア選択も分からないのですぐにバテました。
私の場合脚力よりも心肺機能の方が問題です。ロード乗りならタバコは止めるべき
だとつくづく思いました。

この辺りまで来るともはやロードを押して上る始末。
歩いて上ってもしんどいです。クリートが邪魔で歩きにくい

ここに到着してからすぐ、ロードで酷道に挑む方と遭遇しました。
私よりかなり若そうでしたが、やっぱりこの辺になると普通に降りて押してました。

Dsc01712

同じロード乗りの方と一緒に坂道を押して上りながら
確かこの坂が一番きつい所ではなかったかと思い、とりあえず撮影

Dsc01714Dsc01715

やっと頂上の石畳の所まで到着しました。距離自体はそれほどでもなかったんですね。

Dsc01716

気温は結構低くちょっと冷えるぐらいでしたが、水分が足りずにお店で
コーラを買いました。アクエリアスとか飲んでるよりコーラの方がよっぽど回復
するのですが、ほかにもそんな人がいるのかな。
途中のロード乗りの方は先に下っていかれました。
色々話してくれたのですが、しんどくてあんまり会話できず申し訳なかった。

Dsc01717

もう少し進むとうどん屋さんがありましたが、あまりゆっくりもできないので
そのままスルー。家を出たのが14時ぐらいだったのでちょっと遅すぎですね。

Dsc01718Dsc01719

そのまま下っていき、時間的にどうかと思いつつ168号線を通過して
つぎのステージへ向かいました。

Dsc01720

前ほどの上りではないですがそれでもそれなりの上りがあります。
上りのダンシングのコツとギア選択が分かってきたので大分楽に登れるように
なってきました。

Dsc01721

阪奈道路をくぐる前。方向オンチが災いして所々でスマホナビでチョコチョコ
道を確認していたら、すっかり暗くなってしまいました。
ここに来るまでの山道で結構暗くなってたので、夜の山道を早く抜けたく
ろくに写真も撮れなかった。

Dsc01725

24号線をめざして先に進んでます。ガタガタの道ばっかりだったので
舗装された道がいかに快適かと実感しながら走ってました。
ガタガタ道でホイールを酷使したけど大丈夫だろうか?

Dsc01728

やっと24号線に到着、ここから25号線に目指して帰路につきます。

Dsc01729

25号線に入る前、腹も減ってきたので、途中マクドナルドに寄ってビックマックセット
を食べました。糖分も補給したいのでソフトクリームもいただき。

Dsc01732Dsc01731

25号線は途中の道が信号も少なく快適だった。40km/h近い巡航速度でずっと
走ってた感じです。ホイールの玉当たりがなじんできたのか?
ホイールの使いこなし方もわかってきたので、こつをつかんだダンシングを多用して
走ってます、スパッと進むので快適。やっぱりホイールの効果は大きいですね。

暗いので大和川沿いはやめて12号線から帰りました。

Dsc01734

自宅へ到着。トータルで100km程のポタリング?でした。

Dsc01735

初ヒルクライムは散々な結果だと思いながら、酷道308号は初心者が行く所ではない
と痛感しました。

でも上りのダンシングのコツ、ホイールの使い方も分かってきたのは一応収穫でした。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1に交換後乗ってみました。

たまたま乗ろうとした時に雨やらが続いて乗れずにいたのですが
やっと乗ることができたのでとりあえず感想を。

気温が上がったり下がったりで風邪をひいているので体調は悪いですが、

R-500からの交換なので、ロードを持ち上げてもやや軽くなったかな
という所から始まり

漕ぎ出しからはそれほど変化は感じずでしたが
ある程度スピードが乗って30km/h以上のスピードに到達するまでの
時間が早くなったように思います。

いつもと同じ調子で漕いでいるつもりですが、速度を見ると
あれ、もうこんなスピードがでているのかという感じでした。

体感的にはすごく速くなったとは感じないのですが、自然にスピードが
のってくるような感じ。

30km/h以上の速度を維持するのが楽になったかなーと。

期待度が高かったので、あれこんなもんかと思う所もありますが
とりあえずそのままいつもの練習コースへ

Dsc01693

やっぱり劇的に速くなるという訳ではなく、楽になるというというのが
本音の所です。

明らかに変わったと思ったのは、以前よりダンシングで前に進まないと
思っていたR-500の時と比較して踏んだ時に前に進むと実感できました。
この辺が剛性が上がる事の効果かと。

Dsc01685Dsc01684

踏んですぐにグッと加速するのでぎこちないダンシングにならず
変なストレスを感じなくなりました。

でも乗り心地はR-500と比べて硬くなったとかは全く無かったです。

トップスピードは平地で50km/hちょいだったのであまり変わらなかったのですが、
これはまだ乗りなれていないのでうまく特性を使いこなせていないだけだと思います。
体調も悪かったので…それとも剛性が上がって踏み込みが負けてる?

普段はどっちかというと重めのギアで踏み込んで乗っているのですが
軽めのギアでケイデンスを上げると前より良く回るというかやっぱり軽いんだなと
思ったので、もっと使いこなせるようにならないと駄目ですね。

Dsc01695Dsc01694

50kmほどしか乗っていないので、まだわからないのですが
いつもと違って足の疲れが無くまだまだこれからといった感じがあって
長距離とかになるともっと効果を感じると思います。


Fulcrum -  Racing 1 2-Way Fit クリンチャー/チューブレス ホイールセット | パフォーマンスホイール wiggleでフルクラム大特価中。
上乗せバウチャー 15-EXTRA でさらに15%OFF 4月22日午後10時まで。


ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)