カテゴリー「感想、インプレ」の11件の記事

2013年1月16日 (水)

EASTON EC90 SLX3 カーボンハンドルに交換してみての感想

ハンドルを替えてからさっそく乗ってみて

同じショートリーチのコンパクトタイプなので、形状はそれほど変化はないのですが
ハンドル角度の調整がとりあえずだったので、ブラケットを持った時のフィット感がいまいちで前下がり気味にしていた角度を少し水平になる方へ戻しました。

微妙な差とはいえハンドルの幅とリーチが変わると変化を感じます。

替える前からハンドルはもう少し遠くてもいいかと思っていたぐらいなので、ブラケット部に
関しては5mmリーチが短くなっただけですが、5mmでもより近いと感じます。

Dsc01774

ドロップ部は逆に5mm下方向に伸びているのでその影響なのか下ハンを持ったときは以前のような手を置いてて楽という感じはないですが、こちらは調整不足ですね。

一番大きく変わったのはハンドルの幅でC-C420mmからC-C400mmと20mm狭くなっている
ので変化を感じる一番の要因はこれだと思います。

幅を小さくした事で窮屈な感じもあるのですが、ハンドルをより前に出せるように意図して
小さくしているので最終的な結果はまだこれからです。乗りにくい事はなく体が以前の幅に慣れているところもあるでしょう。幅を小さくしている方が腕が前方向にいくだろうという考えでやっています。

ステムを長くするか、サドルをいっぱいまで後退させるかになりますが、とりあえず両方
やってみてどちらかいい方に決めようと思います。

Dsc01597Dsc01635


パーツを替えると調整が必要になってくるのは当然ですが、ハンドルは他の部分も関わってくるのでより手間がかかると思います。

と、まぁQ太郎のセッティングうんちくはこれぐらいにしておいて

皆さん気になるのはカーボンハンドルに替える事によって何が変わるかという所だと思うのでその辺りの感想を。

Dsc01645

まず振動の吸収性ですが、こちらはかなり良くなったと思います。替えてから確かに
ハンドルから伝わる振動が減って、アルミの時は手が触れている所が少し痛くなってくる
事があったのが特に感じなくなりました。

大げさに言っている訳ではなく手の痛み自体感じなくなったというかそれ自体意識する事が少なくなったのでこれは効果ありといえると思います。
サイズ、形状さえ合えばホントに良いと思いますよ。

剛性のほうについては以前のアルミと変化を感じないので、アルミに近いぐらいの剛性はあるのではないでしょうか?思いっきり引きつけてペダリングしてもQ太郎レベルでは剛性が落ちたとは思いません。

幅を狭くしているので、ハンドルのフラット部は基本短くなったほうが剛性は上がるでしょうからサイズの影響もあるかも知れませんね。

あと取付けてしまうとまず分からなくなりますが、物が軽いという事です。

カーボンハンドルへ交換後の感想でございました。
調整はまだまだこれからです。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

ロードバイク冬装備の機能はいかに?初ロード冬装備の感想です。

クリスマス寒波が到来してます。腰痛がだいぶ治ってきたので、そろそろウインタースポーツにも行こうと思っているQ太郎です。何やらスキーブームが復活してきているそうですね。私は20代前半からスノーボードですが。

いつも見てくださっている方、いらっしゃいましたらありがとうございます。

冬装備をそろえてちょこちょこ休みの日に乗りに行ってますが、サイズは問題無いとして
実際どれぐらいの効果があるのか気になる所かと思いますので。

まずcastelliカステリのビブタイツ
Photo_2 Castelli - Sorpasso ビブタイツ | タイツ-サイクリング用


こちらは生地が薄めでフィット感があり、動きやすいです。ただ冬用としては完全防風
という訳ではなく、10℃以下だとこれだけ履くとちょっとひんやり感はあるとおもいます。

ポタリングイベントで他の方のタイツを見ているとネオプレーン素材のようなでもっと分厚い感じのやつを履いている人が多かったので、それらと比べると生地は明らかに薄いです。

だた風がスースー通るかといえば完全防風ではないものの一般的な生地よりは通しにくく
裏は起毛素材なので寒くて使えない訳ではないんですね。

メーカーの対応気温は0℃~15℃となっているので使えないとこまりますが…
対応気温の表記がサイトによりまちまちですが、メーカーページでは0℃~15℃でした。

5℃ぐらいではひんやりしつつも大丈夫でした。早朝とか0℃付近ではちょっと冷たい。
家を出る前に温風ヒーターで中を温めて最初の冷たさをカバーしてます。

防寒性能はそこそこで生地が薄い分動きやすさと、完全防風ではない事で分厚いネオプレーン生地や完全防風タイプで発生しやすい蒸れが無いというのが特徴だと思います。

蒸れると体の動きが止まった時に汗が冷えて寒い上に気持ち悪いですから、上半身が
汗びっしょりだったのに下半身がサラサラだったので、これはこういう設計なんだと思いました。

寒さを防ぐなら分厚いやつがいいと思いますが、防寒性と快適性どっちを取るかによると思います、オールインワンは無いと思うので何を購入しても調整は必要です。

ウインドのパンツを持っておいて最初ちょっと冷たく感じても動いてからどうかで調整してます。
サーモフレックス構造?とかいう機能があるようで、動くと温まるユニクロのヒートテックみたいなのは一応備わっているようなので。

他に気になる所ではcastelliのロゴですが、こちらはよく伸び縮みする所の文字の外周が
細かくひび割れてきているのでどれぐらいもつかは微妙ですね。ど真ん中から割れないようにあえて端から
ひびが入ってそこから長持ちするような造りもあるので現時点ではなんともいえません。

続いてcastelliカステリトゥーキャップ
Photo_4Castelli - Toe Thingy トウカバー | シューカバー


こちらは装着しやすく使いやすいです。シューズカバーだと履くのが面倒ですが、これは
簡単に装着できるので便利。ビンディングシューズのメッシュ部分から入る風を防ぐので
5℃ぐらいでもソックスが長い厚めの物だと足が冷たいという事はありませんでした。
薄手の短いソックスを履くとタイツとシューズの間が冷えると思います。

castelliシューズカバー
Photo_3Castelli - Diluvio 16 オーバーシューズ | シューカバー


トゥーキャップと比較して脱着が少し面倒ですが、すっぽり覆うので当たり前ですが保温性はこちらの方が上です。冷える日は当然こっち。
足首まで覆えるので靴とタイツの隙間が寒いという事がないです。
防風、防水素材なので雨よけカバーとしも使えますね。
乗る距離が長ければ装着が面倒でもすきまの出来ないこっちかな。

castelli長袖ジャージ
Castelli Contatto 長袖ジャージ | 長袖サイクリングジャージ


風を通すので春、秋ぐらいならこれだけで使えると思いますが、風を通すので冬場はウインドの下に着るベースとなります。夏以外の季節で全て着れると思えば活躍する期間が長いからお得になりますね。10℃そこそこではウインドの下に着ると暑くて汗をかきますが、汗の吸いは良かったです。所詮デザインで選んでるのでこれで十分。

dhbヘアバンド


dhb - Windproof Windtex Headband | ヘッドウエア-サイクリング用

Photo_6


耳まで覆うヘアバンド。温かいのですが耳を覆うので耳が聞こえにくくなります。素材による差もあるかと思いますが、ある程度は仕方ないでしょう。風を通すニット系ならもっと聞こえやすいと思いますが、防風素材ですからね。肌に密着している所はちょっと蒸れもあるかな。
頭全体を覆うのは蒸れるから嫌いなので、これで十分です。頭の保温もこれである程度はできますよ。頭にかぶるタイプのものは全てそうですが、ヘルメットのサイズに余裕が無いとちょっと圧迫感があるので調整で広げる余裕があったほうが良いです。

dhbフェイスマスク
Photo_5dhb - Reflective Buff | ヘッドウエア-サイクリング用


薄手ですが、これぐらいの方が使いやすいです。気温の低い日は冷たい空気を直接吸うと鼻水とか出てきたりするので、これである程度防げます。いろんな装着方法があるのでお得感はありますね。5℃以下ぐらいで使ってます。

castelliウインドブレーカー
Photo

Castelli - Leggero ウィンドプルーフジャケット | ジャケット-サイクリング用防風

ウインドブレーカーの自転車用です。空気抵抗を抑えるタイトフィット。薄くて軽く動きやすい、かさばらない。コンパクトに収まるので必要かどうか迷う時はとりあえず携帯しておけばよいですね。
薄いので下地の色が結構出ます。白辺りが無難そうですが、在庫が無かったのでQ太郎は黄緑です。

裏地は無くて中にジャージを着ても暑苦しいことも無いのでちょうど良い保温性です。
5℃ぐらいで風があると家を出たときは寒く感じますが、動けばこれぐらいでよいかと。

背中のほうにメッシュで穴が開いていて蒸れにくくなっているのですが、これが意外と効果があり、普通のスポーツウインドでは蒸れが結構あったので、やっぱり専用品になるとよく考えられています。発汗量があまりに多いとどれだけ機能があっても駄目ですけどね。

雨の日は背中メッシュ部分から水が入ると思うので、厳しいかも。
同じようなデザインで雨用モデルがあるのはそういう事かとか思ったりして。


と、素人なりに冬用ウェアを使った感じは大体そんな所ですが、

住んでいる場所や環境によって条件が変わってくるので、0℃以上10℃以下ぐらいの気温で普通の風が吹いているぐらいでのコメントです。
比較的暖かい大阪の平地ですが、クリスマス寒波が来たので、試すにはちょうど良かった。

冬とはいえ動くと中は汗はかくので、防寒性能と蒸れるという所をどこまでクリアできているかがポイントのように感じます。
汗で体温を下げたり、ベタベタの不快感をなくすには吸湿、速乾機能と風、雨を防いで汗の湿気は出してくれる機能が必要ですね。

スノーウェアでも同じ事なのでこの辺は冬場のスポーツでは共通です。
ウインタースポーツ等ではGORE-TEXという素材が有名でQ太郎はスノー用パンツは
GORE-TEX素材のものを使ってます。

お値段によりけりだと思いますが、その点は自転車専用品は空力とか全体的なバランスで見るとうまく出来ているように思いました。
ケチケチ海外通販でなければまず買っていない価格ですがcoldsweats01


初ロードバイク冬ウェア購入での感想でした。
商品選びのご参考までに。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

TOKENトーケンのBB(TK878TBT)に交換後の感想

部品としてはあまり目立たない所ですが、その効果の程はいかに?

トーケンのBBに交換後乗ってみての感想としましては

効果はあると思います。

ケイデンス80以上で回すようなペダリング時にやっぱりよく廻るというか軽いと体感できました。軽めのギアでペダルを廻せばプラシーボではなく体感はできるレベルです。

Dsc02141

クランクを替えた時に重くなったと感じたのは気のせいでは無かったと思います。

取り外したアルテグラのBBをチェックするとベアリングのグリスがいくらか出てきていた
ので、回転テストの廻りは取り付けた当初よりもスムーズでした。

交換してすぐはベアリングのグリスもたっぷりで重かったのでしょう。

負荷がかかった時はどうかというと、これは判断が難しいですね。
力任せにペダルを踏むとそれを感じる余裕がないので、厳密には良くなっているので
しょうが、はっきりどうとは言えないかなという感じです。

上りのダンシングで体重を利用してゆっくり上っている時はちょっと楽に感じました。
ヒルクライムとかやる人は軽さが一番なのかも知れませんが、少しでもパワーロスしない
という意味では効果あるのではないでしょうか。

すぐに慣れてしまうかなと思いつつ、費用の割には効果があると思いました。

シールドが犠牲になっているようなので、いい事ばかりでもないかも知れませんが
交換する意味はあると思います。
Photo
Token - TK878TBT   Tiramic ベアリング  ボトムブラケット(BB)
ティラミックというチタンボールにセラミックコーティングという特殊な造りで
セラミックベアリング化と言えるのかどうか分かりませんが、一応BBセラミック化という
事にして自己満足してます。

他、BBの幅がシマノの物より狭くなっているのでフロントのアウターシフトが
ほんとスムーズになりました。これは皆そうなるとは限らないので偶然ですが、ディレイラーの動作幅が広いトリプルクランクには好都合なのかな?

BBシェルのネジ山が深めなら、スペーサー抜いてQファクターを狭くできるんじゃない?とか思ったりします。

まっこの辺はQ太郎の独り言なので流しといてください。
とりあえずペダリングの余計な重さも無くなったので交換して良かったとおもいます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

ホイール交換後しばらくして(Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1)

すっかり寒くなりロードに乗る頻度が減っていますが、早く冬もんのウェアが届かないかと待っているQ太郎です。いつも見て下さっている方、いましたらありがとうございます。


しばらく乗ってからでないと自分なりの感想でもちゃんと評価できないと思ったので第2回目の感想です。
初ホイール交換ですべてR500から交換でのお話になります。

あくまで素人意見ですのでご参考程度で

最初はあんまり感じなかった漕ぎ出しからの軽さを感じるようになりました。

ある程度は慣らしが必要なんでしょう。新品状態で空回しした時に回っている時間がR500とそれほど
変わらなかったのでちょっと渋かったのか?今は空回しでもよく回ってますよ。

Dsc01913

普通に平地を乗っていて何より感じるのは高めの巡航速度を維持しやすいという事でしょうか。
最初は使いこなしも全くできていなかったので変化も感じにくかったのですが
ダンシングで初期加速してから35km/h付近でシッティングにするというのをやるようになってから
少々走る環境が変わっても(向かい風とかちょっとした上り)30km/h以上で走るのが普通になりました。
楽になるのもありますが、速くなるともいえるでしょう。

進むのが速くなると走る距離(走ろうと思う距離)が長くなっていきます。

Dsc01917

剛性が上がった事でダンシングのタイミングをつかめるようになったというか効率のよいダンシング
を出来るようになった。ダンシング時に引き足を使える感覚になったのはペダルを踏んでから加速するまでの
タイムラグが無くなったからだと思います。要するにレスポンスがいいんですよね。
たまに練習コースで計測しているトップスピードはわずかですが上がりました。
55km/h→57.98km/h 

乗り心地は今でも硬いとまではは思いませんね。しっかり感があるとは思います。乗り心地に一番影響ある
のはタイヤとフレームではないでしょうか?
ミシュランPRO4は乗り心地がいいし、フレームもコンフォートモデルなのでそういう結果となっています。

Dsc01916

一番語りにくいというか評価しづらいのが平地に住んでいる故の上りの無さで、最近自分から上りの
ある所に行ってみて、楽になったと感じるのは、上りに進入した後に速度が落ちてダンシングメインに
なった時に楽に感じた。体重を利用してペダルを踏むとへばってても何とか上れる。
力の効率が良くなった分、足を休ませながらだましだまし上る事ができるのでやっぱそこそこ良いのではないでしょうか。

普段ヒルクライムしていない人でも一応高野山を上っていけましたから。

Dsc01860

あとはどれだけ頑丈かとか耐久性の問題になりますが、それはまだまだ先?であって
欲しいかも…基本休日ライダーなので。路面状況が悪い所でガンガンショックをくらって
ますが、今のところ変な振れとかも無くとりあえずいけてます。


あと欠点という程ではないですがいい事ばかりでも参考にならないので

替えてから1つ気になってきたのはホイールの影響かどうかはっきりとは分からない
のですが、ちょっと膝への負担があるような、100km程のるとちょっと膝が痛む感じが
あります。(初心者レベルですけど)進むので重めのギアで踏みたくなるからかも?

Dsc01914

常にペダルを廻している。高めの速度を維持できるが廻しつづけないと速度が落ちるのが早く感じる。

ちょっとした距離の上りでは平地から高い速度で進入したあとR500の方が楽というか
勝手に上ってくれている時間が長く感じた。重さがあると進んだあと止まるまでの溜めのようなものがあるのか?
進む勢いが無くなった後や長く続く上り、急な上りは軽いレーシング1が楽に思う。

アルミスポークはおいしい時期が短いとかよく言われています。
ダメージをくらうとスポークが折れやすいとかも言われているようなので
その辺りで選ぶならちょっと重くてもレーシング3の方が良いかも知れません。

Dsc01918

海外通販MerlinCyclesで5万程度で購入しているので費用対効果では良いと思うが、これが10万近くとかになってくると微妙。

Fulcrum - Racing 1 2-Way Fit 2013モデルは国内外の価格差が少し小さくなっているように思う。
スポーク、ニップル、クイックレバーが軽量化でチューブレスタイヤ使用時に空気漏れしにくいリム設計、ラージフランジとか新技術を採用しているので、不具合が無いか様子を見てアフターサービスのしっかりした店なら長く使う事を前提で国内で買ったほうが良いかも。長く使う価値があると感じているという事です。海外通販の場合はレーシングzeroとの価格差が小さいので思い切ってzeroでもいいかも知れませんね。

トレーニング的な普段使いではちょっと高くて気を使う。

レーシング0相当のセラミックベアリング化をやりたくなる。

といった所です。

他の有名なホイールがどんなものなのか気になる所ですが、初心者レベルでは交換して満足しています。


ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

ミシュランPro4サービスクルスのウェット性能は良いかも?

なにかしらつぶやく事はできないかと考えつつ、そういえばこんな事もあったなと気づき
まるでミシュランの回し者ではないかと感じながら、そのまま書いているQ太郎です。
いつも見ていただいている方、いらっしゃいましたらありがとうございます。

何か自転車関係のパーツを購入するときは、そのパーツの特徴というかどんな性能があるのか調べたりすると思うのですが、私がタイヤを購入する時に見ていた記憶の中にウエット性能が上がったという内容があり、ちょうど体験する事が出来たので一応感想を。

Dsc01907

完成車標準のタイヤはKENDA Koncept Liteというのが付いていてこれからPro4に替えたときに乗り心地の良さ、転がり抵抗の少なさ、グリップ力に変化を感じていたのですが、

基本雨の日は乗らない人で、Pro4に替えてから走る事がなかったウェット走行を少し前に高野山へ行ったときにする事になり

走行環境としては雨、急な下り、カーブあり、ブレーキ常時、夜、路面が悪いという条件で
へたをすると落車していてもおかしくないような内容ですが

Dsc01898

ブレーキを多用しながらもそれなりの速度で下っていて、グリップが限界を超えてタイヤがまともにロックするという事は無かったので、自分が思っていたよりウエット性能があると感じながら走ってました。

タイヤ交換前にウエット走行をした経験はありますが、その時の下りはそれほど急では
なかったものの速度が少し早くなってくるとブレーキ時に後輪のロックがそれなりに発生していたので、(雨の日は前後同時ブレーキ、下りではサドルからお尻が出っ張るぐらい後方に乗って後ろ荷重はセミナーで教わったのでもちろんやってます)

その時から特に自分のブレーキレベルは上がっていないであろう事を考えると、それはやっぱりタイヤの差だったんだなと思いました。

Dsc01912

ブレーキをノーブランドから105替えているので制動力は向上しているでしょうから
もしタイヤを交換していなかったらもうちょっと怖い思いをしていたかも知れません。

ロードのタイヤって見た目がスリックタイヤなので、雨の日は危なそうなイメージがあり
普通の自転車と比べてタイヤが細いのでやっぱりブレーキ操作はある程度シビアになる
でしょうから、ウエット性能に関しては、神経の研ぎ澄まされたプロの方より私のような
素人のほうがその恩恵を受ける事ができるのではないかと思いました。

タイヤを何本も履き替えている上級者ではありませんし、どのタイヤが良いかは人それぞれだと思います。タイヤの話になると速く走るという事に目がいきがちですが、ブレーキと同じくタイヤも安全装備の1つなんだと考えてみたりしたのでした。

おわり。


↓まいどおおきに!お買い上げはQ太郎商店で!

      

 



ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

EASTON イーストン EC90 カーボンシートポストに変更(シート高変更)

少し前にサドルポストをEASTON のEC90カーボンに変えました。

毎度おなじみ merin cycles で購入。

Dsc01606Dsc01608

サイトではセットバック10mmとなっていましたが、20mmでした。

Dsc01609

購入サイトの表記間違いはロードバイク輸入時に経験しているので
実際は20mmだと確信して発注していたので問題無し。

変更したのは単に乗り心地が良くなるかなという事と、

にシートレールをいっぱいに引いてサドルを固定しているのもどうかなと思い

今後のセッティングでサドルの後退幅を出したくなった時にセッティングの自由度を上げる意味で
今よりセットバックのはいったものに変えておこうという事です。

Dsc01610

カーボンによくある繊維状の表面ではなく単につや消しの黒なんですが
上のほうに綺麗に膨らんでいくデザインがポイントかも。

Dsc01611

やぐらという部分もカーボンなので乗り心地も変化があるのか?

とりあえずしばらく乗ってみた感想です。

Dsc01635Dsc01636

ちょっとした路面の凹凸を通過する時にごつごつ感が少し減ったというか
ごつごつの質が少しマイルドになったような…全体的には硬い感じがします。

でも細かい振動はカーボン素材の噂どおりよく吸収してくれているように思います。

純正でついていたシートポストはアルミ300mmで、このEASTONのやつ
はカーボンですが、350mmの為、あまり軽量化にはなっていないと思いますが
なんとなくしっかり感があるというか剛性(かな?)を感じます。

取付けた後、後ろ方向のシートレールにあまり余裕が無かったので
仮想後退幅を稼ぐ為なら、もっとセットバック入っているやつでも良かったかなと思いました。

セットバックが10mmぐらい増えてもあまり変わらないですね。
けどシートレールの真ん中辺りで固定できているので見た目的にレールに
無理がかかっている感じが無くなったし、まぁよしとします。

シート高はBB軸~サドル上面まで680mmに設定しました。
ビンディングペダルを導入してから最初685mmにしていたのですが、重めのペダリングでは問題無かったものの
軽いギヤで高ケイデンスでペダル廻すとお尻がシート上でポンポン跳ねる事が分かり5mm下げました。

5mmでも下げるとお尻が跳ねなくなったのでシート高はペダリングには重要だと改めて思いました。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1に交換後乗ってみました。

たまたま乗ろうとした時に雨やらが続いて乗れずにいたのですが
やっと乗ることができたのでとりあえず感想を。

気温が上がったり下がったりで風邪をひいているので体調は悪いですが、

R-500からの交換なので、ロードを持ち上げてもやや軽くなったかな
という所から始まり

漕ぎ出しからはそれほど変化は感じずでしたが
ある程度スピードが乗って30km/h以上のスピードに到達するまでの
時間が早くなったように思います。

いつもと同じ調子で漕いでいるつもりですが、速度を見ると
あれ、もうこんなスピードがでているのかという感じでした。

体感的にはすごく速くなったとは感じないのですが、自然にスピードが
のってくるような感じ。

30km/h以上の速度を維持するのが楽になったかなーと。

期待度が高かったので、あれこんなもんかと思う所もありますが
とりあえずそのままいつもの練習コースへ

Dsc01693

やっぱり劇的に速くなるという訳ではなく、楽になるというというのが
本音の所です。

明らかに変わったと思ったのは、以前よりダンシングで前に進まないと
思っていたR-500の時と比較して踏んだ時に前に進むと実感できました。
この辺が剛性が上がる事の効果かと。

Dsc01685Dsc01684

踏んですぐにグッと加速するのでぎこちないダンシングにならず
変なストレスを感じなくなりました。

でも乗り心地はR-500と比べて硬くなったとかは全く無かったです。

トップスピードは平地で50km/hちょいだったのであまり変わらなかったのですが、
これはまだ乗りなれていないのでうまく特性を使いこなせていないだけだと思います。
体調も悪かったので…それとも剛性が上がって踏み込みが負けてる?

普段はどっちかというと重めのギアで踏み込んで乗っているのですが
軽めのギアでケイデンスを上げると前より良く回るというかやっぱり軽いんだなと
思ったので、もっと使いこなせるようにならないと駄目ですね。

Dsc01695Dsc01694

50kmほどしか乗っていないので、まだわからないのですが
いつもと違って足の疲れが無くまだまだこれからといった感じがあって
長距離とかになるともっと効果を感じると思います。


Fulcrum -  Racing 1 2-Way Fit クリンチャー/チューブレス ホイールセット | パフォーマンスホイール wiggleでフルクラム大特価中。
上乗せバウチャー 15-EXTRA でさらに15%OFF 4月22日午後10時まで。


ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ビンディングペダルを使ってみての感想(TIME ICLIC2 CARBON タイム ICLIC2 カーボン)

ビンディングペダルとシューズが揃ったので試乗してみました。

ペダルに足をセットする練習から始めましたが、すぐに慣れました。
TIMEのペダルは脱着しやすいのが売りのようですが、本当にそう思います。

Dsc01630

足を置くとすぐにロックされます。ペダルがどの位置にあっても
ペダルをキャッチできればカチッとつかんでくれます。

たまにカチッという音がしない(聞こえなかった?)時がありましたが、
ちゃんとロックはされていました。

外すのも簡単でかかとを外側にひねるとパキッと外れます。
緊急時のようなとっさな動きをすると外れるというのも確かにそうで
ペダルをつけたまま倒れそうになった時に、もがく動きをしたら外れました。

ペダリング時に左右の足の動きに余裕があるのも確認済みです。

どうでもいい話ですが、ペダルを取付ける直前まで
このペダルの先のとがった方が前に来るとは思ってませんでした。

Dsc01631

で、TIMEペダルの説明はこれぐらいにして

初ビンディングペダルでしたが、全く不便だとは思いませんでした。
足が固定されるという所では、ストラップと同じなので
正直ストラップとあまり変わらないなぁと思ってました。

引き足もストラップでもできるので劇的な変化は感じず。

しばらく走っていて感じたのは、ストラップの時のように
ダンシングでグッと加速する感覚が少なくなったようで、
逆にシッティングで足を前に押し出す感じでペダルのケイデンスをあげて走ると
ストラップより速度の伸びがよくなったと思います。
最近いまいち調子の悪かった平地最高速アタックで一応53.13km/hでました。

Dsc01632

ペダリングの効率が上がって無駄な力を使っていないからなのか?

ダンシングでストラップほど加速を感じなかったのは
ペダルの踏み面が小さくなったからか?

初乗りでクリートのセッティングができていないのもあると思うので
まだ何ともいえませんが、一休みした時にクリート位置を確認すると
拇指球でペダル軸を踏めていないようで調整してまた乗ってみます。
(指を指してるあたりにおそらく拇指球があります)

Dsc01633

ペダルとシューズが変更されているので、サドルの高さも関係してくるし
またしばらくセッティングのお時間ですね。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

アルテグラのスプロケット、チェーンへ交換後の感想

先日スプロケットとチェーンを交換したので早速乗ってみました。

105とアルテグラではあまり差は無いといわれていますが
それでもきっちり差はついていますね。

Photo_20Photo_21

素人なりにもリアのシフトチェンジはもう少し早ければなぁーと思って
いたのですが、そのもう少しが差になって出ています。

カチャカチャすばやく変速できて気持ちいいです。

質感も違うし、交換してよかったなと満足しています。
アルテグラこそ最高のコストパフォーマンスではないかと。

シフトの感触もさることながら

スプロケットの歯数を12-27Tから11-23Tへ変更しているので
ねらい通りな感じですが、フロントトリプルを効率よく使えるようになりました。

交換前はフロントとリアで使用するギアがほぼ限定されていたのですが
交換後はフロントミドルでリアをまんべんなく使えます。

ストップ&ゴーが多い所や30km/h以下の巡航、ゆるい上り、向かい風等
通常使用ではミドルギアをメインに使い

普通の平地、下り、追い風ではアウターギアを

急な上りや長い上りで限界が来た時にはインナーギアを

以前のフロントインナー30Tでリアスプロケットが27Tのギア比は、はっきり言って
どこでつかえるん?と思っていましたので。
23Tまで歯数を減らすとちょっとはペダル踏んでる感があるので
インナーもそれなりに使えます。
上りがあまり無い地域なので、使用頻度は少ないですけどね。

まぁ、使えるようにする事に意味がある。
どのステージでもそこそこいける乗りやすいロードバイクを目指してますが
大分乗りやすくなってます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

パンクした為、ついでにタイヤ交換(ミシュランPro4)

パンクしたついでに

通販でポイントが溜まっていたので購入していた
ミシュランPro4 サービスクルス
(最近海外通販で値下がりしているので輸入すればよかったかな…)

Pro4

と履き替えます。

ロードでタイヤ&チューブ交換は初ですが、ホイールがすぐ外せるので
ママチャリよりはるかに楽でした。
とんとん拍子で交換できたので交換時の写真撮り忘れ。

Pro43

色はレッドを購入したのですが、実物が通販の写真より朱色なので
フレームの濃い赤とはいまいち調和してないような。かなり派手になった印象。
黒かホワイトにすればよかったかな。(しばらくするとこんなもんかなと思ってきましたが)

あとタイヤをつけている時に元のタイヤと比べて接地面の山が結構とがってるなー
と思いました。

前のやつより転がり抵抗が少なそうなのでどれぐらい変わるか結構楽しみです。

チューブはロード購入時に一緒に注文していた
MAXXIS(マキシス)のウルトラライトというやつ

Photo_5

当初ロードのホイールはディープリムだと思い込んでいた為
ロングタイプを購入してしまい、ブサイクな事になってます。

Pro42

まぁ、またじきにパンクするからしばらくの間ですよ。

タイヤは結構違いがわかると言われているのでどんな感じになったか
のってみました。

漕ぎ出しとかは変化を感じず。漕いだ後の減速が緩やかになったかな~と。

乗り心地は少し良くなったように思います。ハンドルへの振動や突き上げがちょっと
減った感じです。(新品だから?)

向かい風がある所ではペダリング自体重いので変化を感じる余裕が
ありませんでした。

で、いつも最高速アタックをしている直線で同じようにアタックしてみようかと
距離1キロぐらいの平地の直線です。

Photo_4

最高速が51.77km/hでました。

Photo_7

交換前にアタックしていた時は43~45km/hぐらいだったんですが
この日は体調も良く、いつも追い風の区間なので風の強弱にも左右されるでしょうが
環境面でほぼ同じ条件での走行なので、これは明らかに変化しているでしょう。

転がり抵抗が軽減されてトップスピードが伸びているという事ですよね。

コーナーは普段から攻めるとかはしていないので比較できないのですが
スピードがそこそこ出てるままぐっと90度コーナーに入ってみると、ちゃんと路面を捉えてる感があって「結構な速さで曲がれるんだな」と思ったりしました。
        
ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)