カテゴリー「経済・政治・国際」の1件の記事

2013年2月 8日 (金)

フルクラムレーシング1のセラミック化(リアハブ分解)

さて前回のつづきで今回はリアホイールのハブを分解していきます。


Dsc02247

工具を使ってスプロケットをはずします。

Dsc02248 Dsc02249

ロックリングが外れるとスプロケットが抜けます。フリーハブにスペーサーが入っています。

Dsc02250 Dsc02251

軸に六角の穴が開いているのでそこに六角レンチを挿して固定して

Dsc02252 Dsc02254

反対側のナットにメガネをかけて緩めてます。フリーハブと反対側から緩みました。
追記:反対側から緩むのが普通です。フリーハブの方は別途ナットを緩めて外します。

Dsc02255 Dsc02256

フロントと同じように玉あたり調整のプレートを六角ネジを緩めて外します。

Dsc02257 Dsc02258

軸を抜いていきます。フロントと同じくスリーブと玉押さえがあります。

Dsc02259 Dsc02260

フリーハブと反対側はフロントと特に変わらないですね。

Dsc02263Dsc02264

シールドとベアリングをとりました。

Dsc02271 Dsc02273

フリーハブ側はこんな感じです。フリーハブの方から緩んでくれたほうが良かったんですが…
追記:フリーハブの方からナットを緩めて外せます。下の方をご参考に。

Dsc02265 Dsc02266

玉押さえが軸に付いてきたので取っておきます。ベアリングのシールドも取り外しました。

Dsc02267 Dsc02268

ベアリングをとりました。
追記:フロントと同様に奥のほうにある黒い輪の部品も外せます。

Dsc02269  15_2

フリーハブをシャフトから外そうとしています。軸に六角レンチを入れて固定し外側のネジを緩めます。最初からこっちでやっていたらよかった。まぁ結局は同じことですが

追記:ナットは時計回りに回すと緩みます。(逆ネジ)

Dsc02275Dsc02276

こういう構造です。スリーブがあるので外しておきます。

Dsc02277 Dsc02278

軸とフリーハブを分離できました。シールドベアリングが入っています。
これも変えたら軽くなる?

Dsc02279 Dsc02281 

フリーハブのツメの部分、うまいことツメを固定できているなぁと思いました。

Dsc02282 Dsc02283

リアハブの分解もとりあえずできましたので、次は洗浄とかやっていきます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)