« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月の12件の記事

2013年8月31日 (土)

デリカD5 エアフィルター交換 ラリーアート スポーツエアフィルター

吸気系のチューンという程でもないですが、ディーラーさんでラリーアートのスポーツエアフィルターを取り付けしてもらいました。



ラリーアートといえば三菱自動車では純正みたいな感じになると思いますけど
純正オプションかというと微妙なので普通のパーツとして扱ってます。

ディーラーさんで取り寄せ、取り付けの為、実は現物を見ていなかったりします。

Dsc02549

結構前に取り付けしていたのですが、取り付けてしまうと外からは見えないので
とりつけたことを忘れかかっていました(笑)

画像下部の金具で挟まれているのがスポーツエアフィルターです。

Dsc00256

フィルターのパッケージ、中に入っているのはディーラーさんより渡された元の純正のフィルターです。



ほかにもっと効率よさそうなやつもあるのですが、ラリーアートのやつは純正と同じ集塵能力があるようなので、車にやさしいかと思い選んでます。

湿式タイプのやつはパイプの中とかセンサーが汚れやすいような感じがするので避けました。

特にきのこ型のやつはスポーツタイプの車に乗っていた時付けてましたけど、吸気能力はあるものの、しばらくしてばらしたら中が結構すすだらけだったので。

それほど高回転までエンジン廻すような車でもないのでこれぐらいで良いです。

肝心の交換の程は

正直気持ちの問題です。置き換えタイプのクリーナー交換だけでは変化は感じにくいです。
マフラーを変えていて排気効率のほうが高い状態なら変化は感じるとおもいますけどね。

入り口が広くても出口が狭ければ、あんまり効果は得られないですよね。

理屈を解っているなら最初からマフラー変えろと言われる所ですが、マフラーはそれなりに高価なので1万円程度で交換できるクリーナーにいってしまうのは自然な流れなのでした…。

高速道路でパドルシフトを使って運転していると、なんとなくレスポンス良くなったかな?
と最初は思いましたよ。

スポーツフィルターへの交換でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

車雑誌 CAR and DRIVER さんよりアンケート依頼いただきました。

やたら猛暑が続いたと思いきや今度は大雨がそこらじゅうで降っているので
困ったもんですね。
でも「異常気象だ」なんて毎年言われているような気がするQ太郎です。

いつも見てくださっている方、わずかでもありがとうございます。


ピンポンがなり、なにやら荷物が届いたようで受け取りすると

Dsc00373

あっそうだったと思い出しました。


以前に雑誌のアンケート調査のご依頼をいただいたので、Q太郎程度でよろしければと
いう事でお受けしました。


Dsc00374

車のユーザー満足度を調査していたそうで、デリカD5をバリバリチューンしている人
には申し訳ないですが、ほぼ純正で乗っている人の方がよかったようです。

実際コメントした長さよりちょっと短くなってましたけど(笑)
ご採用いただいただけでありがたやです。

Dsc00375

お礼に CAR and DRIVER さんより2013 10月号雑誌とTシャツをいただきました。
ありがとうございます。

少しずつでもブログ続けているとこういう事もあるんですね~

デリカ記事はまだまだ少ないですけど、車は先立つものがいるもので…

とりあえず安いパーツつけてちょこちょこ遊んでます。

チューンはあんまりできなくても冬場なら雪山へ滑りにいくので、車内泊とかの
様子も撮影して記事にできるかと思います。

せっかく車内泊マット買ったのでもっと活躍して宿泊費浮かさなければ

デリカD5結構いい車です。

Dsc02840

個人的評価では

見た目がオフロードチックで良い。

足が柔らかめで乗り心地が良い。

ボディ剛性高く18インチホイールなら見た目以上にハンドリングが良い。

Dsc02778

普通のミニバンでは走ろうとも思わないような悪路を簡単に走れる。

積雪がかなりあってもぐいぐい進んでいける。高速の雪道でも安定している。

パドルシフトでエンジンブレーキも自由自在。

Dsc02821

社外パーツが豊富でチューニングの楽しみがある。

モデルチェンジのスパンが長いので現行のまま長く乗れる。

簡単に駆動切り替えができ4WD走行時の安定感がある。

長時間運転してもそれ程疲れない。



ちょっと気になるのは

室内はミニバンとしては広いが先代と比べると小さくなった感はある。

もう少しリヤの荷室の幅があればよかった。

ガソリン車は低速トルクが欲しくなる時がある。踏むとエンジン音はやや大きめ。

車内泊にはマットが必須。

運転席側前方のピラーの視界が悪く右折時しっかり安全確認していないと怖い。

センターコンソールが邪魔に感じる。ウォークスルーの開放感が欲しい。

シートのアレンジはもう少し稼動域を増やして工夫が欲しい。

といった感じです。あくまで個人的な感想ですけどね。
実際乗っている人は欠点など気にならない程お気に入りだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

デリカD5 フロント、リアモノコックバー 取り付け

そんなにボディ剛性アップばかりやってどうすんねんと言われそうですけど結構安チューンで効果あるので
ちょっとずつチューンしたいなという事で数年後は何処までいってるかなと想像しているQ太郎です。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

補強も程々にという感じですが(笑)今回は下回りに取り付けするタイプの物です。

モノコックバー【フロント】ミツビシ/デリカD:5【型式】CV5W【年式】07/1〜

モノコックバー【リア】ミツビシ/デリカD:5【型式】CV5W【年式】07/1〜【注意事項】サブバッテリシステム搭載車装着不可

正直リア側はちょっと重いなと感じ、重量増な事ばかりやってますね。

下回りの作業になりますが、デリカは車高が高いのでジャッキアップせずに不要な段ボールを敷いてそのまま潜りこんでます。

こちらはリア側

リアはボディに既存のネジ穴を利用して取り付けします。

Dsc02535Dsc02537

下回りが融雪剤で腐食していたので車検時にディーラーにて下回りコートしてもらった
のですが、悪い事にネジ穴を狭くしてボルトをねじ込んでいくのは結構大変でした。

続いてフロント側

こちらは既存のねじ穴は無く、付属のパーツでフレーム内にメスねじを作成してボルト留めします。見た目はオーバルシャフトのタワーバーそのものです。

Dsc02543Dsc02545


がっちり取り付けされるのでそれなりに効果はありそうですが、先に補強をしている
事もあってちょっと感じにくいです。

道路のちょっとした凹凸(マンホール上を通過する等)でなんとなくしっかり感(どっしり感)のようなのを感じるぐらいですかね~。

Dsc02481

スリーボンド スリーラスター塩害用長期防錆コーティング クリア(厚塗り) TB6153C 480ml

取り付けしてから一応スリーラスター(クリア)でコーディングしましたけど、融雪剤でボロボロにならない事を祈ってます。

吸い込むと有害なので自分でスリーラスターを使用時は必ずマスクをして使用してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

チューブレスタイヤ取り付け IRC フォーミュラプロ Formula PRO RBCC

またチューブレスタイヤ取り付けです。

この前取り付けしてからさほど間もないのですが、パンクしたので入れ替えと
なりました。

今度はタイヤがちがうので、取り付けはどんなもんかという事で。

Dsc00334Dsc00335

購入したタイヤ。


取り付けの際に前回は専用品がいいのかと思い、わざわざフィッティングローションを
購入したのですが、単なる石鹸水でしたので今回は自分で作成しました。

Dsc00337

普通の顔を洗う牛乳石鹸で作成してます。ボトルが泡立てボトルなのでかなり泡が立ちます。

説明書では数十的の中性洗剤を水に入れて作成となっています。
最近の食器洗い中性洗剤はいろいろ入ってそうなので
石鹸水なので石鹸でいいでしょうと。


さて作業開始します。

Dsc00336

以前のタイヤを外しました。
作業しているので画像はないのですが、出先でやる分にはかなりきつかったんですけど
自宅とか落ち着いた場所でやると意外と簡単でした。
専用タイヤレバーの外す側を近い場所に2つ入れてやるとすんなりビードがリム外に
でてきました。

Dsc00341

リム内清掃してから、チューブレス用のバルブを取り付けしておきます。

Dsc00338

自作石鹸水をリムにふりかけていきます。泡立つのであんまり垂れないです。


Dsc00344

前回書いていなかったのですが、タイヤを取り付けするときに薄手の皮手袋を使って
ます。滑り止め付きの軍手だと石鹸水がつくと滑ったので家にあった皮手袋を使うと
滑りにくくなりました。

Dsc00342

準備できたので、片側のビードをリムにいれます。
クリンチャーよりはかたいですけど、このあたりは初めてでも問題ないです。

でバルブの反対側からもう片方のビードを入れていきます。
入れづらくなってきたら前回のタイヤレバーの方法を使おうと思っていたら

Dsc00343

今回は手でセットできました。

はてタイヤそのものが入りやすくなっているのか?

説明書では最初に入れたビードを押し出すような感じで、後から入れたビードを
リム中央に入れ込むのがポイントとなっているようですが、前回も一応やったつもり
ですし。

最後の方でビード保護のためにリムのブレーキ部分に石鹸水を塗りますけど
泡立つので垂れずにとどまってくれるのが結構効いたのかな?

よく分かりませんがすんなりセットできて良かったです。
出先でこれぐらい簡単にできたらいいんですけど…
普通は一度セットしたらめったに外さないから大丈夫なんでしょうけど。

Dsc00345Dsc00346

リムとタイヤのラインを見ながら空気を入れビードが均等にセットできているのを確認
して6barまで入れました。

石鹸水をふりかけ空気漏れ確認し問題なし。

Dsc00347

しばらく時間をおいて空気圧を見ても漏れなく大丈夫そうなので、タイヤとリムの
石鹸水を清掃して完了。

今度は長持ちしてくれ~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

自転車屋さんでチューブレスタイヤ等購入。

先日のポタリング時にせっかく入れたばっかりのチューブレスタイヤも
パンクしてしまったので購入してきました。

自転車屋さんに行くと商品がずらりと並んでいるので「あ~そういえばこれも替えないと」
と、最初思っていたよりも余計に買ってしまいますけど、どうせいるものですから
買い忘れるよりはいいか。

Dsc00330

チューブを入れたまま使っても意味が無いので、勿体ないですが仕方ありません。

今度購入したのはどのタイヤかというとメーカーは同じですけど

Dsc00331
【F】IRC/井上ゴム ロード用 700x23C フォーミュラープロ チューブレス NewRBCC レッド

ひとつ上のグレードですが1本買うならそれ程 IRC LITE との価格差がないので
ちょっと色とかデザインがちがうんですけどこっちでいいかという事で。

前後でタイヤの種類が変わるんですが、大丈夫でしょう。

余裕ができたらまた揃えよっと。


そして修理不可なパンクが発生すると相当手間だという事も経験したので

パンク修理キットは持っているのですが、チューブの余剰が無くなったので
チューブも購入。トレーニングのクリンチャーにも使えるしどうせ買わないとダメだった。

Dsc00332

Vittoria  ULTRALITE

結構お買い得なチューブです。1個390円 2つ購入。


あとはメンテナンスでブレーキケーブルセットを購入。

Dsc00333

ケーブルの色は白にしてみましたが、よく考えるとシフト側は黒のままになるので
へんな感じにならなければいいのですが、そのうちシフトの方も替えるからいっか。

平地ならそれ程気にならなくても、下りがあると高速でブレーキかけっぱなしなので
メンテしていないとブチッと切れたりしないか不安になります。

命に関わるので早2年を過ぎたケーブルは交換しておきます。


また暇見つけて交換作業します。
 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

デリカD5 ディーラーオプションその2 ステップマット

ディーラーオプション後付けステップマットです。

デリカオーナーさんは意外とオプションの類も気にしている方が多いとおもいますのでこれもアップです。

Dsc00195

リアスライドドアのステップ部に土などの汚れが結構つくので後から取り付けしてもらいました。

純正でなくても半額ぐらいで社外品が販売されていますが、やっぱりお金がかかっている分純正が良いと思う1品です。

マットの素材が樹脂製なので、布とは違い水分があっても、泥でも気になりません。
布は見た目の質感はいいのですが、水分吸い込んだりして跡が目立ちますし傷みも早そうですからね。

雨の日とかスキー場とか水や泥がついた状態で乗り降りすれば必ず汚れますから、最初からつけておいた方が良いかと思います。
車両購入時ならこれぐらいはサービスしてくれるかも。

Dsc02568

留め3つで簡単脱着できます。

Dsc02569

樹脂素材なので取り外して洗車場で水洗いするのも簡単。

初期のやつはデリカのロゴがあったようですが、無くなってしまったようです。
あっても良かったと思うんですけどコストの問題かな?

ご家族のいる方、後席によく人を乗せる方、アウトドアな方には使えるオプションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

ホイールWH-R500を普段乗り、トレーニング用に復活させました。

やっと自主計画のメンバーポタリングが実現したという事で、やる気になっているQ太郎です。

トレーニングももっとやりたかったのですが、休日に整体(カイロプラクティック)治療に継続して行っているので
あんまり乗れなかった(基本は頚椎とか骨を触ったら当日は安静ですから)というのもあり、最近はやる気がなくなる一方でした。

痛みはないのですが、首や背中を前に倒すと後遺症というか治りかけになる?と聞くジーンと身体をはしる
感覚が気持ち悪くて前傾するロードにはなかなか乗りづらかった。
というかその状態では1人ポタが不安だったのもありますけど…
そのうち症状も消えるとの助言をいただき最近はもう開き直ってます。

いつも見てくださっている方、ありがとうございます。

さて以前より考えていたのですが、普段トレーニングでロードに乗る際にもろに消耗していく
パーツはできるだけ抑えたいなぁ~という事で用途によりホイールを使い分ける事にしました。

チューブレスで修復不能なパンクを早速経験してしまったので、それが偶然とはいえクリンチャーのほうが
最悪の事態は回避できるのも理由の1つ。

Dsc00252

フルクラムレーシング1のタイヤをチューブレスに変更してクリンチャーのミシュランPro4が使えるようになったので、それを取り付けして使用します。

Dsc00254

もちろんタイヤだけ付けても使えないので、余っているスプロケットをセットして
簡単に入換えできるようになりました。

タイヤ、ホイール、スプロケットは2つあっても使えるので、買い換えても
他の部品よりは無駄にならないですね。

トレーニングという意味ではとくに軽量でなくても大丈夫。


もともと付属していたものなのであまり気を遣わなくていいのもポイントです。

なんて言っていると買い換えずR500で良かったんじゃないの?とかいうお話になるので
すが、ホイール交換の意味は軽量、剛性アップ等あるので、それとはまた別のお話でトレーニング的な意味です。

アルミスポークの寿命はあまり長くないのは事実みたいなので
上りのある場所とか数人で走るような負けん気(見栄?)のでる時はフルクラムを使います。
でもちょっとしたポタリングならR500でいくかもですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

鍋谷峠へのポタリング~三国山へ とりあえず達成。

鍋谷峠の目的地に到着してからさらに上っていこう(三国山へ)という事で出発です。

なんか最初からかなり勾配がきついんですけど…

Dsc003220008

初なのでどの程度のものかだれも知らないですから、わからないまま先に進みます。

Tさん「うわぁ~失敗した」と上りを選択した事を悔いていました(笑)
さっきまでの上りは大した事無かったなと自分でも思っていたので、そういうのも無理はないでしょう。

さすがに途中でミドルに入れてしまいました。(フロントトリプルなもので)

Dsc003250011

この辺りになるとQ太郎よりMさんのほうが乗り込んでて体力あるなと感じました。
まぁ一応まだ治療中の身ですからと言い訳しつつも、さすがに心拍も170辺りまであがってしんどくなってきました。

それより問題なのが、上まで上がってきたとはいえ気温が高すぎて水分の消費がハンパでない。

手持ちの飲み物が尽きてきてこの峠道では自動販売機もなく、精神的にやばくなってきます。
Mさんも同じくちょっとバテてきてます。

Dsc003260012

Tさんはというと意外と水分は大丈夫のようで、下で飲んだ水分が効いているようです。

少し進むと道が2手に分かれています。観音様行きかそのまま進むかですが寄り道している余裕は無いのでそのまま進みました。

Dsc003270013

上りがきついのか水分がなくてしんどいのか微妙な所ですが、なんとか進んで林道入り口でちょっと休憩。
水が尽きているのでへんな焦りがでます。これぐらいの暑さなら1.5ℓぐらい持っててもいいぐらいかな?
追記 後から考えると時間的に蜂に刺されたのが関係あるかもしれません。
足首付近を刺されたのですが、翌日腫れてました。
熱っぽくなる、喉が渇くとかなるそうですがロードに乗っている症状と似ているので
よほどはっきりした症状がでないと判別が難しいですけど。

止まっている時にMさんのホイールをちょっと拝見

Dsc003240010

SHIMANOのRS80+グランプリ4000

Q太郎もクリンチャーオンリーならお手ごろなこのホイールを検討していました。
結構軽いですしね。重さは自分のレーシング1 2way-fitと同じぐらいだったと思います。

Mさんは私がロードを始めてからしばらくしてお誘いしているとロードを購入されたので、
まさか本当に乗ってくれるとは思っていなかったのですが、ホイールまで替えられて気合入ってます。
ビンディングペダルも導入されていますし。

ちゃんと自転車屋さんで購入されているので、確かな情報が入るようでいいですね。
Q太郎は自分でイジるのが好きですから、コンボとか安い部品を安く替えて楽しんでた所もありますが
パーツで走りにもろ影響でるのはタイヤ、ホイールとビンディングペダルだと思いますので。

でもビンディングペダルに関しては歩くときにクリートが邪魔なのは事実ですけど。
Q太郎が初期に使用していたストラップペダルが普段乗りとか通勤ロードには便利だと思います。


さて、内容がそれましたので戻します。


三国山への道中、ちょこちょこ下りが入る所があるので、その度「下りやぞ~」と遅れを
とっているTさんを活気づけながら上ります。

Dsc003280014

よく分からない塔があります。

そこから先に進むと最後は父鬼への林道になっていておそらくゴール到着です。
ロードでは先にいけないのかな?最後を撮影し忘れた。
喉が渇いているので歩いて先を見に行く気力もなくそこから折り返し今度は下りです。

風が当たって気持ちいい。ペダルもほとんど廻さなくていいのでちょっと気持ち的に楽になった。
所々路面の悪い所があるので気をつけてブレーキングしながら下っていきます。
喉渇いて早く下りたいので撮影してませんけど。

油断するとろくな事ないのでせいぜいMAX 35km/hぐらいで下ってます。
サドルからおしりがはみ出すぐらいの位置に座り後ろ加重も忘れずに。

順調に下っていく途中でちょっと危険だったかも知れないトラブル発生。

Dsc003050001

Tさんが時々ある路面の凹凸に前輪をヒットしてリム打ちパンク。カーブ付近だったので
よく落車しなかったなと…やっぱ若いねぇ
反射神経ありますわ。

またパンク修理作業です。チューブを持っていないという事でパッチで修理し漏れなく大丈夫そう。クリンチャーはパンク修理楽ですね~

Dsc003000002

何とか峠を下って自動販売機で水分をタップり補給。無事スタート地点に帰れました。

Dsc002990001

後半ほぼ撮影できてませんけど…

それほど困難な内容ではないはずなんですが、余計なトラブルに見舞われさんざんでした。
最初なのでこんなもんだろうという事で、また次回はちゃんと下調べして装備を整えて挑もうと思います。
備えあれば憂いなし。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

鍋谷峠へのポタリング いろいろありつつ…

初っ端にパンクして出鼻をくじかれた感もありますが、そんな事は置いといて

前回のつづきです。

チューブを買いにいっていただき、ちょっと時間がかかってるな~と事故とかしていないか気になりつつ
スマホで調べた地図の方角がわからず逆方向に走っていたとの情報が…
Tさん逆方向教えたらさすがにダメですよ。

なんかスムーズにいかないけど土地カンもないし、しゃあないです。

Dsc00295

野菜のお店でまちつづけて、しばらくしてチューブ到着!

ホームセンターとかいろいろ見て周ってくれていたようですが、700/23Cとかは普通には置いていなかった
ようです。

自転車屋さんでも普通のママチャリ屋さんだとそういうサイズはそれほど無いようで結構分厚いやつです。
噛み込んでもパンクしないぐらい分厚い(笑)心強いかも。

Dsc00296

早速セットして空気を入れ今回は無事に復活しました。
まだほとんど走っていませんが、チューブ買いにいってもらったのでとりあえず昼食してから出発しようと
いう事で。うどん食べて水分補給して再出発。

やっとまともに走れます。でもお日様が真上ぐらいに来てかなりジリジリときてます。

Dsc00298Dsc00297

480号線を順調に進んで始発地点に到着。材木置き場で一応撮影。

Dsc003010001Dsc003030001

ここから峠の上りが始まります。
鍋谷峠ってシマノさんの練習コースなんですか?

Dsc003110001

さぁヒルクライムスタートだ!とさっさと上り始めてしばらく、若手Tさんがかなり苦しそうなのでストップ。
Q太郎とMさんはそれなりにはロードに乗っているのでそれほどにも感じませんが、1年ちょい前にロードを
購入したとはいえ、ほとんど乗っていないとつらいみたいです。
確かに自分も最初の頃は体力もそうですが、乗り方が悪くてそうだったなと思いました。

でもなんか気分が悪くなってきたとの事で、この暑さゆえ脱水症状ではないかと。
水分は取っていても汗でナトリウムとかミネラルが急激に流れ出てしまうとまずい。
Tさんお茶ばっかり飲んでたので糖分、ミネラル不足もあるかと思い

ちょっと下山してアクエリアスと水を調達して飲んでもらいました。
しばらくすると気分が悪かったのは取れたようで、行けます!といってもらえました。よかった。

ということで続行。

Dsc003040001Dsc003120002

またしばらく順調に上りはじめます。がTさん脚がつらいという事で所々で休憩。
気分は悪くないか?と聞くとそれはもう無いそうでさっきのはやっぱり脱水症状で間違いないかと。

もう嫌だとか、無理とか弱音は吐かないので大丈夫でしょう。

Dsc003060001

Q太郎は鍋谷峠は初ですけど怪我のブランクがあったわりには意外と楽な感じがします。
ハブ、BBのセラミック化してまともなヒルクライムは今回からなのでそれも効いてるのかも知れませんが。
一応アウターで上って行けてるしMさんもアウターでOKみたいなので異常な急坂ではなく程よい
坂がそれなりに続く感じですね。

でもQ太郎とMさんはホイール替えてますのでTさんよりは楽してるかも…

太ももの前側の筋肉(四頭筋)が痛いらしくハムストリングスでペダリングできていないようです。
平地では普通についてきてたので、上りにもなると乗り方は大切という事ですね。
軽いギアを早々に選んでしまうと前の方の筋肉にくるのでダンシングをマスターする必要も
あるし。

そういえばQ太郎も上りのダンシングをちゃんとマスターしたのはヒルクライムやってからです。
最初はペダルを脚の力で踏んでしまうのですが、体重を利用してペダルを押さないといけないんですよね。
体重を効率的に利用できるギア選択も含めて。

TさんにはQ太郎が最初参加したシマノさんのロードバイクセミナーを受講してもらった方がよいかも。

Tさんにいろいろと説明しながら、(と言ってもQ太郎も大した事ないですけど)さらに上って行きます。

だんだんと山の頂上の方が見えてくるので、もう少しです。
途中で我々にハチがやたらと襲い掛かってくるんですけど、なんででしょう?Q太郎は1箇所刺されました。
1箇所に留まっているとよく襲ってきます。黒いウェアとかも駄目みたいですね。
しつこく追いかけてくるのでご注意を。


かなりバテバテで脚が痛いTさん。でも確実に上っています。
MさんはQ太郎より断然上ですね。

Dsc003130003Dsc003140004

前方を見るとやっと和歌山県への表示が。とりあえず第一目的地に到着。


Dsc003170003

休憩&撮影。

まだまだ体力的には大丈夫なので本来なら和歌山方面へ下って行きたい所ですが、いきなりTさんを
ヒルクライムに連れてきてしまったので帰りが大変になるといけません。
ここから折り返すかさらに上っていくか相談して上って行く事になりました。

またつづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

鍋谷峠へのポタリング でもチューブレスタイヤが…

トレーニングコースで1人でトレーニングしても暑くて気持ちも萎えるので、以前から計画していた同僚さんとのポタリングに行ってきました。

なかなか休みが合わなかったので一緒に行けなかったのですが、ちょうど3人の休みが重なったので、ろくにコースも調べていなかったのですがとりあえず行こうという事で。

普段ヒルクライムはやっていないので、上りのある所が良かったので行き先はルートラボで出てきた鍋谷峠に決めました。



チューブレスの効果も平地以外で試してみたかったので、ちょうどいいかと。

3人共住んでいる所が離れているので集合場所はどこがいいのか考えて河内長野で待ち合わせという事で。

Dsc00274

予定の時間に集合場所につき出発準備。同僚のMさんと若手Tさん。
雲ひとつなく快晴ですが8月の猛暑で気温が高く、水分補給はまめにしておかないと結構危なそう。

170号線から480号線に向かって走り始めます。

Dsc00277

それほど急ではないですが、そこそこ長めの上りがありましたので、Tさんは一番若手ではあるものの普段からロードに乗っている訳ではないからちょっと厳しいみたいです。

と思っていると、人の事を気にしている場合では無くなる事態が

順調に走っていたんですけど、突然前輪からプシューッという音がして「えっ、嘘やろ」と思っているうちにみるみる空気が抜けてしまいました。

まだタイヤ履き替えて間もないのにパンクですか。
しかもチューブレスですよ。炎天下のなか冗談じゃないですよ~。

Dsc00289

でもちょうど休憩できそうな場所が近くにあったので、降りて移動。

Dsc00279

パンク箇所を調べ、穴の開いている箇所を発見。
原因はガラス片、車のウインドウのかけらのようです。チューブレス修理キットでやってみようと実践。でも穴というより横に裂けた感じなので厳しいかもと思いつつ

とりあえず手順どおりにやってますが、作業終了して空気を入れるとぜんぜん圧があがらず音を聞いているとまだシューッといってます。

Dsc00281

探すともう一箇所もガラス片が刺さって穴が開いていました。
(帰りに道路確認するとガラス片が撒き散っている場所ありました)

Dsc00282Dsc00284

こちらはまだ穴が小さいです。こちらも修理キットで対応。

Dsc00285Dsc00288

空気を入れると一応漏れなく7barまで入りました。大丈夫かなとおもいつつ
とりあえず行ってみようと出発。

で、しばらく走っているとまたプシューとあっという間に空気が抜けました。
穴が大きいのが原因と思いますが、もう一度修理キットでやってみてもまたしばらくすると同じ事に。片方の穴は大丈夫ですが、最初の裂けた感じの穴がアウト。
走っていると入れた補修剤が内から飛び出してしまいます。

Dsc00294Dsc00293

あきらめてチューブを入れる事にし、作業開始。ここでチューブレスの脱着の困難さが
もろにでます。入れるのもそうですけど外すのも面倒。自宅で石鹸水たっぷりでやってるようにはいかない。

専用タイヤレバーで何とか外して、チューブを入れて空気をいれます。
が、またすぐに空気が抜ける。タイヤレバーでやってしまったようです。

チューブも無くなり、もはやお手上げ。
日陰もほとんどなくかなり最悪な状況。メンバーさんにチューブを買いにいってもらう事
になりました。申し訳ないですが動けませんので…

Dsc00291

しっかし2箇所もやられるとは。気温が高く路面の温度も高いのでゴムが柔らかくなって余計に突き刺さりやすい状態だったんでしょうね。
タイヤが新しくてちょっとベタついた感じだったのも関係あると思います。
ちょっと砂っぽくなった後輪はもうそれほど問題なさそうです。

Dsc00295

今の場所にとどまっていてもお日様にやられそうなので徒歩ですが移動。

その間いろいろと声をかけてくれる方がいて、
さっきまでいた工場みたいな所の外国人の方がパンクしているのを見て運んであげようか?とか競輪されているハーレー乗り(自転車積載用フレーム付)の方が自転車積んで運んであげようかと道中2回も救いの手を差し伸べられました。

チューブ買いに行ってもらっているので、お礼を言っておきました。

世の中まだ捨てたもんじゃないと、一筋の明るい光を見たような気がしました。

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

デリカD5 ディーラーオプションその1 ラゲッジトレイ

特にチューニングでもなんでもないんですけど、後付けしたオプション類も一応パーツなので。

サードシートの下に敷くラゲッジトレイです。

Dsc02587

冬場のスキー場等、水分のついた荷物を積む機会があるのでディーラーさんにて取り付けしてもらいました。純正なのでサイズぴったりで見栄えがよいです。

このトレイを取り付ける時にまず気になるのは、サードシートのレール部分に穴を開けるかどうかです。

サードシートを使用せず、跳ね上げた状態にするか取り外すかして完全に荷室にするのであれば、防水や汚れの混入の面から見て開けない方がよいのは当然です。

が、基本は使えるようにしておくと思いますので、ディーラーさんに伝え開けていただきました。

Dsc02591

レール部分もバックリ開いている訳ではないですが、濡れ物を積むときはその部分を気にしておく必要はあります。

保管する場所がある方なら、目的に応じてサードシートを跳ね上げてトレイを敷くのがよいでしょうが、1軒屋で車庫が目の前にあるとかでないと面倒だと思います。

とはいえフロアマットの上に汚れた物を直接置くよりはマシなので、あんまり気を使わなくなって良いです。

サードシートを使用せずリアを収納にするようなアウトドア派には使えるオプションですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

健康の為、心肺機能を保つ為、禁煙外来で禁煙に挑戦します。

トレーニングというかスポーツをやっていて思う事は、「これでやっぱり心肺機能が落ちているんだよな~」
とか「タバコ吸わなかったらもっとパフォーマンス上がるのかなぁ~」とか、ちょっと(かなり?)
タバコのせいにしている所もありますけど、やっぱり止めないといけないなとは思っていました。

実際部屋も汚れるし、臭いもつくし、お金もかかるしあんまり良いことはないんですよね。

肩身が狭くなっているのも事実ですけど、それより自分の為です。
まだ神経系の治療も継続中なので身体の事が気になるのもあり、このタイミングで禁煙しようと決意。


ですが特に自宅で暇な時間があったりちょっとイラッとするとつい手が伸びてしまうので、なかなか止められない。
これが中毒というやつ。

これまでも何度か気になってた事はあったのですが
ニコチンパッチとか気分が悪くなるような噂というか興味本位で取り上げる情報に問題があるのですが
そんなもの身体に入れたくないと思いあんまり真剣に調べていませんでした。


で、実際に実施された方がいないかと最近会社の同僚と話していると同じ課の人で
禁煙外来でタバコを止めた人が3人いたのです。

いずれもかなりヘビースモーカーでしたので、ちょっと驚いた。

なんでもいきなり吸えなくなるとかではないそうで、飲み薬を服用して1週間後から禁煙するのだそう。
吸いながら薬で身体を慣らしていくんでしょうね。

でもいくら薬を飲んでるからとはいえイライラした時とかタバコに手が伸びないのか聞いてみたら
それは無くなり、禁断症状のようなものも出にくいそうです。

条件により保険適用ができるようなので、それなら一度やってみようかと禁煙外来について調べてみると
適用条件に当てはまっているので早速休みの日に病院行ってきました。

一番近い病院を調べて向かったら産婦人科がメインの病院だったというアホな結果もありましたが
薬もらうだけならとさっさと依頼して薬をもらいました。

Dsc00266


最初3日飲むタイミングは無く1錠、4日目から朝、夕食後にそれぞれ1錠

8日目からちょっと量の増えた錠剤を朝、夕食後に。

ちょうど今日から禁煙開始日です。

はたして成功するのか?がんばってやってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »