« トーケンTOKENのBBに交換(作業2 シマノ ホローテックⅡBB外し) | トップページ | トーケンTOKENのBBに交換(作業4 シマノ ホローテックⅡクランク取り付け~TOKEN BB回転テスト) »

2012年12月14日 (金)

トーケンTOKENのBBに交換(作業3 トーケン TOKEN TK878TBT BBの取り付け)

BB交換の続きです。

Photo
Token - TK878TBT   Tiramic ベアリング  ボトムブラケット(BB)
トーケンのBBを取り付けしていきます。

Dsc01992Dsc01994

付属品は写真のとおりでBBの本体とスペーサーが3枚(薄×2枚、厚×1枚)


ここで注意するのは、シマノのBBとトーケンのBBでは幅が違うようでスペーサーを挟んで
取り付けする必要があります。(BB30とか他はどうか分かりません)

どっちかというとトーケンのBBがちょっと規格外の幅のようで、それを補う為にスペーサーがついているようです。参考に薄いリングを入れて並べて撮影してみました。

Dsc02019

基本は薄いスペーサーを両方に1枚ずつ入れれば良いみたいですが、BBシェルのネジ山やチェーンリングの位置が関係してくる場合もあるそうで、その辺りはやってみないと何ともいえません。

ここでは薄い方のスペーサーを両方に入れて取り付けしています。

私の場合はフロントトリプルの為、トリプル専用スペーサーの件もあったので、とりあえずガッチリ締めずにBBシェルとの隙間が無くなる所まで手で締めた状態でクランク等を取り付けして変速等に異常が無いか確認してから本締めしました。

あとトーケンのBBがよく廻るのはシールドの関係との事で構造を確認してみました。
ベアリングが見えているので確かにシールドは弱いでしょうね。
これだけダイレクトにクランク軸を受けるならよく廻るのは当然かも。

Dsc01995


さて取り付けしていきます。

どちらからでもかまわないと思いますが、逆ネジのほうから取り付けしています。
締める方向はトーケンのBBも矢印で示されているのでその向きに締めれば大丈夫です。
逆ネジなので左に廻すと締まります。

手で締めていき、後は専用工具【専用工具】grunge (グランジ) Integral BB Cup Tool (インテグラルB.B. カップ用工具)でがっちり締めていきます。
スペーサーを忘れずに入れておきましょう。締め付けトルク35~50N-m
そんな強力なトルクレンチは持っていないのでガッチリ締めてOKとしています。

Dsc02011Dsc02012

Dsc02013Dsc02015

続いて反対の正ネジのほうを取付けしていきます。

この真ん中の筒の部分がベアリングの方に入りづらかったので両端にある黒いゴムパッキンの所にグリスを塗りました。

Dsc02017

筒を差し込んでから取り付けします。スペーサーも忘れずにつけておきましょう。

作業中に思ったのですが。この筒は反対側のBBを取り付ける時に挿しておいた方が良いかも知れませんね。
後から差し込んで取り付けても別に問題ありませんでしたけど。

Dsc02022Dsc02023

専用工具でがっちり締めます。


Dsc02037

反対側も取り付けできました。

Dsc02036


次回はクランクを元通りに取り付けします。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

|

« トーケンTOKENのBBに交換(作業2 シマノ ホローテックⅡBB外し) | トップページ | トーケンTOKENのBBに交換(作業4 シマノ ホローテックⅡクランク取り付け~TOKEN BB回転テスト) »

コンポーネント(クランク、BB、ブレーキ等)」カテゴリの記事

パーツ交換」カテゴリの記事

ロードバイク、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587538/56239351

この記事へのトラックバック一覧です: トーケンTOKENのBBに交換(作業3 トーケン TOKEN TK878TBT BBの取り付け):

« トーケンTOKENのBBに交換(作業2 シマノ ホローテックⅡBB外し) | トップページ | トーケンTOKENのBBに交換(作業4 シマノ ホローテックⅡクランク取り付け~TOKEN BB回転テスト) »