« Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1が届いたのでチェック | トップページ | Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1に交換後乗ってみました。 »

2012年10月15日 (月)

フルクラムレーシング1にタイヤ、チューブを移植

チューブレスタイヤはまだ先のお話なので

R500からタイヤとチューブを入れ替えします。

ホイールを外して

Dsc01648












タイヤレバーでタイヤをリムの外に出しチューブを引っ張り出し

Dsc01650Dsc01653

バルブのネジを取ってバルブを抜き取り

Dsc01649Dsc01654

タイヤを外します。

Dsc01655

スプロケットもそのまま移し替えるので外します。
ロックリングリムーバーをセット

Dsc01656Dsc01657

工具でスプロケットを固定してロックリングリムーバーをモンキーでまわし

Dsc01658Dsc01659

ロックリングが緩んで外れるので、そのままスプロケットを抜きます

Dsc01660Dsc01661


今度は取り付けしていきます。

タイヤを片側だけリムに入れ、チューブをリムの中に入れます。
チューブに少し空気を入れた方がリムの中にチューブを入れ込みやすいです。

Dsc01664Dsc01665

チューブが入ったらタイヤのもう片方もリムへ入れ込みます。

この辺で入りにくくなりますが裏側のリムに入っている方を
ビード側に寄せてあげると手でも簡単にはいります。

バルブを固定するネジを取り付け

Dsc01666Dsc01679

フリーハブにグリスをぬりぬりしてスプロケットを取り付け

Dsc01663Dsc01668

ロックリングと工具をセットしてモンキーで固定

Dsc01669Dsc01670

空気を入れて後輪完了。

Dsc01671

続いて前輪
同じようにタイヤレバーで片側を外してチューブを抜き

Dsc01673Dsc01675

タイヤを外し

Dsc01676

後輪と同じく新しい移植先のホイールにタイヤを片側だけリムに入れ
チューブをいれ(入れる前に少し空気を入れておきましょう)
タイヤをリムに入れ込み

Dsc01677Dsc01678

バルブの固定ネジを取り付け、空気をいれ前輪もOK。

Dsc01679_2Dsc01680

フルクラムのクイックレバーを前後輪に取り付けし移植完了。

Dsc01681

リアディレイラーは調整しなくてもそのままで大丈夫でした。

早速走りに行こうと思っていたのですが、天気がいまいちで小雨が降ったり
やんだりしていたので、天気のいい日に乗ってまた感想を書いてみます。

ロードバイクブログを見るなら、ブログがたくさんブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

|

« Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1が届いたのでチェック | トップページ | Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1に交換後乗ってみました。 »

タイヤ ホイール」カテゴリの記事

ロードバイク、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587538/55891204

この記事へのトラックバック一覧です: フルクラムレーシング1にタイヤ、チューブを移植:

« Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1が届いたのでチェック | トップページ | Fulcrum Racing1 フルクラムレーシング1に交換後乗ってみました。 »